【公式】「BTS(防弾少年団)」、今月中「釜山万博」誘致広報大使の公式委嘱&10月にコンサート開催予定…戦略会議開催で明らかに

「2030釜山(プサン)世界博覧会」の誘致委員会とプサン市、HYBEと「BTS(防弾少年団)」が「2030釜山世界博覧会」の誘致のために本格的な広報活動に突入する。

7日午後、「2030釜山世界博覧会」誘致委員会(以下、誘致委員会)のパク・ジョンウク事務総長、プサン市のイ・ソングォン経済副市長、HYBEのパク・ジウォン代表などは、誘致委員会のソウル事務所で、釜山世界博覧会の誘致広報活動を論議する初の戦略会議を開いた。

同日の会議では、「BTS」の「2030釜山世界博覧会」の広報大使の委嘱式の計画をはじめに、釜山世界博覧会の誘致祈願グローバルコンサート、11月に国際博覧会機構(BIE)総会時の得票戦略などに対する具体的な論議が行われた。

これにより誘致委員会は今月中に「BTS」を「2030釜山世界博覧会」の広報大使に公式委嘱し、「BTS」はプサン市の世界博覧会誘致の意思を全世界に知らせるため、10月にグローバルコンサートをプサンで開催する予定。

同日の会議でパク・ジョンウク誘致委員会事務総長は、「HYBEの積極的な協力に感謝する。誘致競争が激しい状況で、『BTS』の支援は2030年世界博覧会のプサン誘致に大きな力になると確信し、政府も力量を総動員し、誘致交渉活動を繰り広げる」と明らかにした。

イ・ソングォンプサン市経済副市長は、「了解覚書締結後、早いうちに具体的な方案について論議する、意味のある会議だった。プサン市は今後も政府とともに、K-カルチャーの代表的グローバルアイコンである『BTS』の2030釜山世界博覧会の広報大使活動を積極的にサポートする」と述べた。

パク・ジウォンHYBE代表は「HYBEはプサン市と結んだ業務協約を基に、国家的に重要な事業である2030釜山世界博覧会のプサン誘致のために多方面で協力方案を提示し、積極的に協力する方針」と述べた。

一方、HYBEとプサン市は先月24日にプサン市は2030釜山世界博覧会の誘致業務協約(MOU)を締結した。MOUの締結式にはパク・ジウォン代表とパン・シヒョク理事会議長が直接参加した。「BTS」は広報大使として2030釜山世界博覧会の誘致のために全世界的な影響力を基にさまざまな広報活動を繰り広げる予定。

関連記事

2022.07.07

blank