GAONチャート、 全世界のK-popデータを収集する「サークルチャート」に改編…最初の1位はBTS(防弾少年団) J-HOPEの「MORE」

韓国を代表する大衆音楽チャート「GAONチャート」が、グローバルプラットフォームと手を取り、全世界のK-popデータを収集する「サークルチャート(CIRCLE CHART)」に改編される。

社団法人韓国音楽コンテンツ協会は7日、グローバルK-POPチャートのビジョン宣布式を開き、「サークルチャートを通じて全世界的なK-POPの熱風を反映した音楽チャートに飛躍する」と明らかにした。これを通じて産業内に善い影響力を及ぼすことができる計画も共に公開した。

まず、社団法人韓国音楽コンテンツ協会で運営してきたGAONチャートは国内音楽チャートのイメージから脱し、全世界のK-POP関連データを収集するグローバルK-POPチャート「サークルチャート」に名前を変え、新たに大衆を訪ねていく。



今回の改編を通じ、これまで運営されてきたアルバムチャートで週間販売量を公開することに決め、初動販売量を確認できるようにした。また、小売店を通じた最終消費者販売量集計であるリテールアルバムチャートの国内、海外販売量をそれぞれ確認できるサービスも提供することにした。

一方、この日に公開されたグローバルK-POPチャートTop5(7月3日付)は、1位がJ-HOPE「MORE」、2位がTWICEのナヨン「POP!」、3位がBTS「Yet To Come」、4位がIVE「LOVE DIVE」、5位がBTS「Dynamite」となった。

関連記事

2022.07.07

blank