BTS(防弾少年団)、ビルボードチャートを占領!グループ曲からコラボ曲まで熱い人気

6日(現地時間)、米国ビルボードが発表した最新チャート(7月9日付)によると、BTSはの多数のチャートに名前をあげ強大なパワーを誇った。

最新アルバム「Proof」は、ビルボードメインアルバムチャート「ビルボード200」で13位を占め、3週連続でチャート上位圏を維持している。

また、ジョングクとチャーリー・プースのコレボ曲「Left and Right」は、メインシングルチャート「ホット100」に22位にランクインした。

「Proof」は「ワールドアルバム」で2位、「トップアルバムセールス」と「トップカレントアルバム」で5位、「テイストメーカーアルバム」で10位にランクインした。このアルバムのタイトル曲「Yet To Come」は「ワールドデジタルソングセールス」で1位、「ビルボードグローバル200」で34位、「ビルボード・グローバル(アメリカを除く)」で20位を記録した。

また、「ビルボードグローバル200」では、「Dynamite」が72位、「Butter」が85位、「Run BTS」が96位、「My Universe」が118位、「ビルボードグローバル(アメリカを除く)」では「Dynamite」 が48位、「Butter」が52位、「Run BTS」が69位、「My Universe」が81位、「Permission to Dance」が170位となった。

一方、先月24日に公開されたジョングクとチャーリー・プースのコラボ曲「Left and RIght」は、「デジタルソングセールス」で1位、「カナダデジタルソングセールス 」で2位、「カナダHOT 100」で17位、「ストリーミングソング」で23位などを占めた。

2022.07.07

blank