【フォト】イ・ジョンジェとチョン・ウソン、映画「HUNT」制作報告会出席!「カンヌに新婚旅行に行ってきたのか?」


5日午前、ソウル・ソンドン(城東)区ソンス(聖水)洞にあるメガボックス聖水で、映画「HUNT」の制作報告会が開かれた。

映画「HUNT」はイ・ジョンジェ監督のデビュー作で、組織内に隠れているスパイを暴くためにお互いを疑う安企部要員パク・ピョンホとキム・ジョンドが「大韓民国1号暗殺作戦」という巨大な事件に直面して繰り広げられる話を描いた作品だ。

イ・ジョンジェは脚本・監督・演技の一人三役を担った。「HUNT」は第75回カンヌ映画祭のミッドナイトスクリーニング部門に招待され、三千人以上の観客あふれるリュミエール大劇場で7分間のスタンディングオベーションを受けた。

主演を務めるイ・ジョンジェとチョン・ウソンは、芸能界でもよく知られた親友の間柄だ。2人は1999年の映画「太陽はない」で出会い、23年間友情を育んできた。当代最高の青春スターとして注目された2人は、同い年で心が通じる友人であり、互いに刺激を与えあう仲間として共に韓国映画界を導いていく代表的な俳優になった。


スケジュールのない日には頻繁に会って時を過ごし、いろいろな目撃談や写真に露出した2人は、「チョンダン(清潭)洞夫婦」というニックネームまで付くほど親しい仲で知られている。この日の制作報告会でイ・ジョンジェは「チョン・ウソンをキャスティングするのに長い時間をかけた。親しいからではなく脚本として認められなければならなかった。果たしてうまくいくのか焦りがとても多かった。ありがたいことに喜んでやってくれた」と所感を明かした。

チョン・ウソンは「イ・ジョンジェが長い間作業をしているのを見守ってきた。"23年ぶりの共演"だと広報されたが、一緒にやることに対する恐怖があった。客観的に見ようと努力した」とし、「冗談半分本気半分のキャスティングオファーが来た時には、4回断った」と笑った。




WOW!Korea提供

2022.07.05

blank