「インタビュー②」“イ・ジュノ(2PM)&イ・セヨン、簡単に満足しない俳優たち”…監督が明らかにしたドラマ「赤い袖先」の全て

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

チョン・ジインの監督がイ・ジュノ(2PM)と女優イ・セヨンを称賛した。
1日にMBC金土ドラマ「赤い袖先」が17話を最後に終了した。
「赤い袖先」は、自身が選んだ人生を守ろうとした宮女と愛より国が優先だった王の切ない宮中ロマンス記録ドラマだ。「赤い袖先」は、5.7%(視聴率調査会社ニールセンコリア全国基準)で始まったが、どんどん口コミに乗って上昇曲線に乗り、最終的には最終話の17話で17.4%という大記録を成し遂げた。また完ぺきなエンディングで視聴者をしばらく「赤い袖先」の余韻に浸らせた。


12日に書面で行ったインタビューでチョン・ジイン監督は「放送を一緒に作ってきたすべてのスタッフと俳優の方々、そして遅い時間にも最後まで一緒にしていただいた視聴者の方々に感謝する。原作と台本の力を信じて現場で俳優とスタッフのエネルギーを信じたので良い反応を得ると期待したが、これ程までの反響は全く考えられなかった。苦労した現場のすべての人々が思い出され、彼らと一緒に大きな満足感を分かち合うことができて本当に嬉しい」と明らかにした。


視聴率とともに途方もない話題性を得て終了した「赤い袖先」だった。チョン・ジイン監督はこれ程の反響は期待できなかったとして「明らかに錚々たる作品の間で編成された状況だったので初放送前にとても緊張した。それでも良い台本をもとに、すべての俳優とスタッフが誠実に頑張って作ってきたので視聴者が分かってくれると思った。みなが自分の位置で最善を尽くす人々で、そのエネルギーが集まって最高のチームワークを作った」と誇らしそうだった。
続いて「また、サンとドクイムの切実な感情に多くの視聴者が共感したのではないかと思う。歴史がすでにスポイラーなのでみなが知っている結末に向かって走っていくが、ふたりの心が調和する過程を視聴者が一緒に追っていくのが感じられた。これは結局、イ・ジュノとイ・セヨン俳優のおかげだと思う」と語った。

(2ページに続く)

関連記事

2022.01.12

blank