「インタビュー③」2PMイ・ジュノ、”私たちが知らない人物の新しい面を発見して構築していく過程に喜びを感じた”「赤い袖先」

「良い現場で良い俳優とスタッフが一緒に作り上げた作品がどれほど大きなエネルギーを持っており、その良いオーラは視聴者にもそっくり伝えられるというイ・ドクファ先輩の言葉を本当に実感した」
軍除隊後、初の復帰作であるMBC「赤い袖先」で人生初の「最優秀演技賞」を受賞した2PMイ・ジュノが答えたドラマの人気および受賞の秘訣だ。
ジュノは1日、2022年の新年初日に幕を閉じたMBCの金土ドラマ「赤い袖先」で主人公である朝鮮時代の正祖イ・サン役で韓国および海外の女性視聴者の心をとらえた。これに先がけてジュノは、2020年の軍服務による空白期の間に2PMとして活動した曲「My Hous」の舞台映像が逆走して、思いがけない全盛期を迎えた。昨年からは2PMの完全体でのカムバック活動にドラマ「赤い袖先」まで大ヒットして、音楽、演技共につかんで人気の頂点に達している。


ジュノは最近「赤い袖先」の終了を記念したオンラインインタビューで初のドラマ時代劇を終えた感想と朝鮮時代で最も愛された王正祖(チョンジョ:イ・サン)として初の王役に挑戦して感じた心境や、最近年末授賞式で受賞して感じた感謝などを率直に打ち明けた。
「赤い袖先」は「私の恋したテリウス〜A Love Mission〜」以来3年ぶりにMBCで2桁以上の視聴率を獲得したドラマだ。同名の原作小説をリメイクしたドラマで、自身が選んだ人生を守ろうとした宮女と愛より国が優先だった王の切ない宮中ロマンスを描いた。歴史にも記録された朝鮮22王である正祖と彼が生涯愛した後宮の宜嬪成氏(ウィビン ソンシ)との切ない愛の物語がテーマだ。「赤い袖先」は、先月30日に行われた「2021 MBC演技大賞」で男女最優秀演技賞などトロフィーを8つも獲得した。1日に放送した最終話の視聴率は、全国平均17.3%(以下、ニールセンコリア基準)、瞬間最高視聴率は19.4%まで上昇した。


世祖役で人生初の最優秀演技賞を受賞したジュノは、「軍の空白期が終わった後に、演技でお目にかかった初の作品だったが、楽しい1年の仕上げを飾ることができて気分がいい」として「授賞式当時、ドラマが放送中の状況だったため、受賞という考えはまったくできなかった。受賞の感想もきちんと準備できずに口ごもったりしたが、多くの愛をいただきありがとうございます」と伝えた。

(2ページに続く)

関連記事

2022.01.08

blank