「バラコラ」「CNBLUE」、イ・ジョンシンの誕生日祝いで大きなミス⁉ ジョン・ヨンファが韓国でトップ5に入ると自信を見せるものとは?


10月16日(土)に放送された「全知的おせっかい視点」(MBC)に「CNBLUE」が登場した。

20日(水)にリリースする9thミニアルバム「WANTED」のプロモーションが本格的に始まったというわけだ。リーダーのジョン・ヨンファとイ・ジョンシンはスタジオにも登場し、VTRを見ながら楽しいトークも展開した。

オープニングトークから、メンバーのドラマ作品は鳥肌が立つから見ないようにしているし、何なら見ないでほしいと言いながら、実は見ているようで、イ・ジョンシンが「テバク不動産」でのジョン・ヨンファの憑依(ひょうい)シーンを再現し、ジョン・ヨンファもチャンネルを回していたら、ちょうどイ・ジョンシンが映っていたという怒りを爆発させるシーンを再現するなどお互いをイジりながら(?)、大爆笑で始まった。

意外にも同番組への出演は初めてとなる「CNBLUE」。7年担当しているというマネジャーからの情報提供は“3人3様の「CNBLUE」を紹介したい”というもので、彼らの日常から新曲「Love Cut」のMV撮影現場まで、盛りだくさんすぎるぐらいエピソードがあった。

3人3様を示すのに、ジョン・ヨンファはハワイ風に飾った作業部屋を公開。軍隊に行く前の7年ぐらいは忙しく、仕事場と家の往復という生活で、仕事で初めてハワイに行ったとき、その自然に癒され、“つらいなら、また来なさい”と言われているような気分になったそうで、「アロファ(アロハ+ヨンファ)」というニックネームが付くぐらい、ハワイ好きだとか。この日もビーチのライブカメラを見ていて、いつかサーファーを相手にクァベギ(ねじり揚げドーナツ)店を出したいという事業計画(?)まで明かしていた。

一方、カン・ミンヒョクは個人YouTubeチャンネルの初撮影でクレー射撃をする様子を、イ・ジョンシンは自宅で愛犬シンバと戯れる姿を公開。マネジャーの話では、ジョン・ヨンファは活発で愛嬌(あいきょう)もあり、ムードメーカー。イ・ジョンシンはインドア派で、カン・ミンヒョクはよく知ると優しくて、アクティブな趣味も多く、ツンデレタイプ。このように趣味嗜好は違うが、今までケンカをしたことがなく、仲が良いのだという。

確かに、「CNBLUE」の仲の良さが画面からにじみ出ていた。イ・ジョンシンの誕生日を祝おうと、ジョン・ヨンファとカン・ミンヒョク、マネジャーがサプライズイベントを計画。イ・ジョンシンの自宅にやって来た3人は駐車場で垂れ幕とケーキを出して準備。垂れ幕には「ジョンシン生まれてきてくれてありがとう」と書かれていたが、このコメントはわざと寒くなるようなものにしようとジョン・ヨンファが決めたのだという。

(2ページに続く)

2021.10.19

blank