「バラコラ」「車輪のついた家3」俳優コンミョン、初回ゲストに女優イ・ハニを招待!視聴率は歴代最高5.1%の好スタート!


tvNの秋の新番組の最後を飾る「車輪のついた家3」が10月14日(木)にスタートした。

出演者はお馴染みの俳優ソン・ドンイル、キム・ヒウォンに加え、3代目の末っ子ポジションにはコンミョンが新たに加わった。

初代末っ子ヨ・ジング、2代目末っ子イム・シワンは“兄貴たち”と共演経験もあり、ゆかりがあったが、新メンバー、コンミョンは“兄貴たち”とは初対面。それでなくても、この番組はゲストもレギュラー出演者たちに招待されることが多く、仲の良い仲間たちが顔を揃えていたので、全く初めての人が入るのは新鮮でもあった。

そのため、どんなシナジー効果を見せるのか、期待感が高まっていたからだろうか。初回放送は視聴率5.127%(全国基準・ニールセンコリア調べ)をマーク。この数値は全シーズンを通して、一番高い自己最高記録だ。シーズン1は初回3.968%(ゲスト:ラ・ミラン&ヘリ)、シーズン2は初回3.955%(ゲスト:ペ・ドゥナ)でスタートし、一番高かったのがシーズン1の第7話(ゲスト:IU)5.059%。それをいきなり上回る記録を出したという点で、改めてこの番組のファン層の厚さを実感させた。

今回新シーズンが始まる前、スピンオフの「お貸しします 車輪のついた家」を放送し、本家の放送開始をカウントダウンするように、徐々に盛り上げていったのも新しい試みだったが、それも功を奏したのだろうか。

ともかく、シーズン3の初回放送では、約半年ぶりにトレーラーハウスにやって来たキム・ヒウォンが、シーズン2の第2話ゲスト、キム・ドンウクがプレゼントしてくれた耐熱手袋を探すも、なかなか見つからず、ソン・ドンイルが「探してもなかったら、グァンスやハヌル、サンウが失くしちゃったんだよ」とトレーラーハウスを貸したイ・グァンス、カン・ハヌル、クォン・サンウらのせいにするところから始まり、エピソードをつなげていたのも面白かった。結局、耐熱手袋は見つかり、他にもペ・ドゥナがくれたカップ、コン・ヒョジンがくれたエプロン、IUがくれた黄色のショッピングカートなども無事にあるかを確認していたが、そのような思い出の品々が懐かしさも呼び起こした。

そして、気になる新メンバーのコンミョンはトレーラーハウスに近づくと、緊張した様子で胸に手を当て、一呼吸してから兄貴たちに姿を見せた。礼儀正しく、きっちりとお辞儀をしてあいさつをするコンミョン。最初はぎこちなかったが、ソン・ドンイルは今までの末っ子の中で、一番おおらかで印象が良いと褒め、娘のように可愛がるヘリ(Girl’s Day)と友達であることも共通の話題となり、コンミョンを気に入った様子だった。

(2ページに続く)

2021.10.17

blank