「バラコラ」イ・ホンギ(FTISLAND)、「ユ・ヒヨルのスケッチブック」に4年ぶり除隊後初出演!軍隊で男性ファン獲得に乗り出したワケとは?


9月10日(金)放送の「ユ・ヒヨルのスケッチブック」(KBS第2)第557話に、イ・ホンギ(FTISLAND)が出演し、“ユ・ヒヨルのスケッチブック×ミュージシャン”コーナーに登場した。

イ・ホンギが同番組に出演するのは約4年ぶりで、ことし4月に除隊してからは初めてとなる。

イ・ホンギといえば、最近は音楽トークバラエティ「ザ・プレイリスト」(Mnet)のMCとして、ゲストアーティストの話を引き出す側なので、このようにゲストとして、しかも真面目なトーンの番組でじっくり自分の話をする姿が、若干新鮮でもあったが、笑いも交えながらユ・ヒヨルと楽しくトークを展開していた。それもそのはずだ。除隊してから約16番組に出演したそうで、もうすっかり勘は戻っているのだ。

ここでも入隊中の話題が出たが、入隊前に立てた目標があったというイ・ホンギ。アイドルバンドとしてスタートしたが、最終的には韓国でカッコいいバンドになりたいので、男性ファンをもっと獲得しようと思っていたのだとか。そのため、軍隊では男性しかいないし、年齢差はあったが、彼らに自分のことをアピールしながら、ロックに関心を持つようにし、自分たちの音楽をもっと聴いてもらうようにしようと目標を立てたそうだ。

実際に入隊中、仲間たちを売店にもよく連れて行ったし、小隊長、中隊長なども協力してくれたので、ちょうど入隊前にリリースした「Quit」という曲を休み時間にかけてもらうなど、思惑は成功したという。

入隊にあたり、「自分を磨いて、より成長して帰ってくる」と話すアイドルたちが多い中、男性ファンを増やして帰ってくることを考えていたとは、子役時代から20年以上芸能界にいるイ・ホンギならではの先を見据えた戦略なのかと思うと、さすがとしか言いようがない。

そして、ステージの前、ウォーミングアップ的にペク・チヨンとコラボした「Can I Love Again」をアカペラで披露。原曲ではコーラスを歌っていたサビ部分を甘い声で熱唱した。

(2ページに続く)

2021.09.11

blank