≪韓国ドラマOST≫「じれったいロマンス」、ベスト名曲 「You are the world of me」=歌詞・解説・アイドル歌手(動画あり)


<「じれったいロマンス」OST、今日の1曲>

今回も「じれったいロマンス」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、アイドルグループSecret出身で女優となったソン・ジウンと、水泳選手出身で王子様キャラクターがピッタリなソンフンがタッグを組んだ、ラブコメディ。本ドラマの大ヒットでソンフンの知名度は急激に上がった。
ある日、ある会社の御曹司でわがままな男性と、就職難にあえぐ一人の女性が出会い、互いに惹かれ一夜を共にしてしまうところからストーリーが始まる。少女漫画のような世界観を2人が熱演しており、日本でも大人気となった。

今日の1曲は出演するソンフンが歌う「You are the world of me」だ。ソンフンはこれまで出演したドラマのOSTを担当することが多く、本ドラマではソン・ジウンとのデュエットに続いてのソロ曲だ。ユミを想うジヌクのストレートな告白ソングになっていて、ソンフンの歌唱力が発揮されている。

<歌詞の解説>

「信じられない瞬間 あの日から 君が全ての世界 ここで僕は生きてる ただ息をして 一日も君を忘れたことはない 夢みたいに遥かな世界 掴んでみても離してみても ときに腹が立つくらい 君が憎くなるくらい 息がつまる恋しさに疲れて 涙が出る 君に会いたくて」歌詞の最初では、2人の出会いに触れその日からの心境の変化が表現されている。

※サビ「たった一つ選ぶなら君だ 二番目も君だ 僕のたった一人の人は 君しかいない 君を描く僕はここで叫ぶ 君に聞こえるように 僕の人生最後の人は君なんだ」サビの部分ではプロポーズに近いような内容で歌われている。熱い想いをソンフンが歌い上げドラマを盛り上げる。

「いつも僕は君に隠してきた そのことを後悔してる あの日のトキメキ 僕の本当の気持ちは 時に腹が立つほど 君が憎くなるくらい 息がつまる恋しさに疲れて 涙が出る 君に会いたくて」なかなか表現できない本当の気持ちがあることを、ここでは語りサビへ向けて進んでいく。

※サビのリピート

※サビのリピート 最後のサビではソンフンが歌い上げていて、「人生最後の人は君なんだ」というフレーズが印象的。

歌手ソンフン(本名:パン・ソンフン)は、1983年生まれ。水泳選手出身で、モデルを経て俳優となった。芸能界では2009年から活動をしている。バラエティ番組でも活躍中。
俳優としては「高潔な君」、「オー・マイ・ビーナス」で知名度を上げ、本ドラマで海外での人気も獲得した。「高潔な君」や、「私は道で芸能人を拾った」でもOSTを担当しており、自身が出演したドラマでのOSTを担当することが続いている。

<ネットユーザーの反応>

「魅力的な俳優だし、歌も歌えるのはすごい」
「バラエティ番組のイメージがあるけど、いい俳優」
「ドラマで熱愛説が出るくらいだから、いい演技だったと思う」
「何回も見たドラマ。OSTもよかった」
「ソンフンの魅力がつまったドラマ」

「じれったいロマンス」では、ソンフンとソン・ジウンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。

WOW!Korea提供

2021.09.11

blank