「青春の記録」パク・ボゴムの親友役ピョン・ウソク「実は負担感が大きかった」ボゴムが友達へジュンで、とても感謝しました! “オーディションに落ちて演技が怖くなった…


俳優ピョン・ウソク(29)は、最近人気のもとに放送終了したtvNの月火ドラマ「青春の記録」(脚本ハ・ミョンヒ/演出アン・キルホ)で注目を集めたライジンスターだ。 モデル出身で、長身と好男子ビジュアルでかつて潜在力を認められた新人だったが、パク・ボゴム、パク・ソダムと共に出演した「青春の記録」ではじめて大衆に注目され始めた。

俳優としてデビューした後、挑戦と挫折を体験したピョン・ウソクにとって、「青春の記録」はあたたかい慰労になった。

「記憶に残るセリフがあります。 『僕は僕なりに、君は君なりに』というセリフが、心に触れました。 人が生きるならば、他の人と自らを比較することになるでしょう。 それで『青春の記録』は、僕にとって有難かった時間でした。 演じる時は大変だけど、劇中の状況、そしてその役にこのように共感する瞬間ができれば、それによって再び演技をうまくやってみたいと思いました」

パク・ボゴムの友達役で、放送直前から多くの話題になった。

「実は、負担感がとても大きかったです。 とても良い俳優、とても良いスタッフが集まった席に僕が入ることになって、迷惑をかけないように最善を尽くさなければならないと思いました。 良いドラマを僕のせいでダメにしたくなかったんですよ。 それでこの作品を通じてどんなものを得るということより、引き受けたキャラクターに忠実でキャラクターをよく表現しなければというような考えしかありませんでした」

彼は、「青春の記録」を通じてパク・ボゴムとパク・ソダムとも親しくなったという。

「ボゴムは多くの方々がご存知だが、思いやりがとてもあって優しい友達です。感情も深くて演技に対する考えも真剣。 ボゴムがよく笑うが、僕もそうなので、互いに笑ってNGが出たこともあります。 ボゴムが友達へジュンで、とても感謝しました。 序盤に撮影が大変だったけれど、ソダムは僕に気楽に接してくれて負担なく演技できるように助けてくれてありがたかった」

ピョン・ウソクが考える青春は何だろうか。

「挑戦して失敗して、失敗したことに再び挑戦する過程です。 僕の青春は壊れて、それを埋めて再び起きる過程の反復でした。 単純に年齢が幼くて、20代、30代だから青春だというわけでなく、50代、60代でも年齢と関係なく挑戦できるのが青春のようです。 そうした点でずっと挑戦をする計画で今後もずっと青春でいたいです」

今後、ビョン・ウソクは“あたたかい俳優”になりたいと言った。

「大変な時、力になることが明確にあります。 ドラマを見て癒されることもあるでしょう。 そのような慰労を与えられたらどんなにいいだろうと思うし、あたたかい俳優になりたいです。 多くの方々が癒されて頑張れるように。(笑) 今、「ソウルメイト」という映画を撮影していますが、この映画でさらに多くの方々に共感を与えられるように撮影をよく終えます」と、語った。

 

  • さすがパク・ボゴム、8週連続話題性1位!…「青春の記録」も話題性1位で放映終了
  • 「青春の記録」クォン・スヒョン、“パク・ボゴムとピョン・ウソク、悩みを打ち明けるなど気楽に過ごす仲”
  • 「公式」パク・ボゴムの兄役で注目イ・ジェウォン、「青春の記録」に続いてJTBC「シジプス」出演確定
  • “ヘヒョの母”シン・エラ、「青春の記録」撮影当時を振り返る…“パク・ボゴムの演技にときめいた”
  • 2020.11.07

    blank