BTS(防弾少年団)、11月のボーイズグループブランド評判1位!2位NCT、3位SEVEBTEEN

ボーイズグループのブランド評判2020年11月のビッグデータ分析の結果、1位BTS(防弾少年団)、2位NCT、3位SEVEBTEENの順で分析された。

7日、韓国企業評判研究所は、2020年10月6日~11月6日まで測定したボーイズグループブランドのビッグデータ5484万283個を消費者の行動分析を通じ、ボーイズグループブランドに対する参加指数、メディア指数、コミュニケーション指数、コミュニティ指数の測定結果を発表しました。

2020年11月、ボーイズグループブランド評判30位までの順位は、BTS、NCT、SVENTEEN、B1A4、PENTAGON、TOMORROW X TOGETHER、EXO、THE BOYZ、MONSTA X、SHINee、CRAVITY、ASTRO、AB6IX、BTOB、Golden Child、SF9、Stray Kids、SUPER JUNIOR、CIX、INFINITE、NU’EST、2PM、TOO、VIXX、ONF、GOT7、WINNER、BIGBANG、VERIVERY、VICTONの順で分析されました。

1位のBTSブランドは、参加指数2,033,128、メディア指数2,257,600、コミュニケーション指数2,160,133、コミュニティ指数2,145,068で、ブランド評判指数8,595,929と分析された。 10月のブランド評判指数16,356,302と比較すると47.45%下落した。

2位のNCTブランドは、参加指数423,192、メディア指数1,954,560、コミュニケーション指数1,788,989、コミュニティ指数1,679,320で、ブランド評判指数5,846,061と分析された。 10月のブランド評判指数3,553,615と比較すると64.51%上昇した。

3位のSVENTEENブランドは、参加指数718,256、メディア指数1,717,760、コミュニケーション指数640,516、コミュニティ指数703,736で、ブランド評判指数3,780,268と分析された。 10月のブランド評判指数2,210,646と比較すると71.00%上昇した。

一方、ブランド評判指数は消費者のオンライン習慣がブランド消費に大きな影響を及ぼすということを探し出して、ブランドビッグデータ分析を通じて作られた指標だ。

 

  • 「BTS(防弾少年団)」SUGA、新アルバムのコンセプトフォトを公開…冷美男のカリスマ
  • 【全文】「BTS(防弾少年団)」SUGA、肩の回復に専念…”元気な姿を準備する時間。待ってて”
  • 「公式全文」BTS(防弾少年団)SUGA、肩の手術後回復専念…“元気な姿を準備する時間。待ってほしい”
  • 【LINE MUSIC月間ランキング:2020年10月】世界でもヒット継続中のBTS「Dynamite」が2位 、LiSA「炎」が堂々の1位獲得!アニメ主題歌「紅蓮華」も6位に。平井大「Sta
  • 2020.11.07

    blank