【全文】「BTS(防弾少年団)」SUGA、肩の回復に専念…”元気な姿を準備する時間。待ってて”


「BTS(防弾少年団)」SUGAが、最近肩の手術を受け、リハビリ治療などの回復に専念する。

「BTS」SUGAは今後兵役義務の履行と除隊以降の歌手活動のために、所属事務所と長く悩んだ末、手術を決めた。「BTS」SUGAは、当分の間、一部スケジュールを除いた大部分の公式活動に参加せず、回復に専念する予定だ。

「BTS」は20日、メンバー全員が制作全般に積極的に参加して完成した新アルバム「BE(Deluxe Edition)」を全世界に同時発売する。「BTS」は、22日(米国時間)に開催される「2020アメリカンミュージックアワード」で新しいアルバムのタイトル曲「Life Goes On」のパフォーマンスを全世界初公開する予定だ。

以下はBigHitエンターテインメント公式立場全文

こんにちは。

BigHitエンターテインメントです。

「BTS」のメンバーSUGAの健康に関して、ファンの皆さんに申し上げます。

SUGAは3日に左肩部分の破裂した関節唇を縫合する手術を受けました。8年間、継続的な問題だった肩の部位の手術を成功的に終え、絶対的な回復時間が必要であるとの専門家の所見に基づき、SUGAは現在、十分な安定と休息を取っています。

多くのファンの皆さんがご存知のように、SUGAは長い間、肩の問題で困難を経験してきました。SUGAの肩の異常はデビュー前の負傷の後遺症が原因で、2012年に個人的な事故に遭った後、2013年に肩の上腕骨脱臼と診断を受けました。以後、肩の痛みが持続し2019年に専門医から左肩関節周囲の軟骨が破裂したことを意味する「左側後方関節唇破裂」の診断を受け、以降の活動に支障を与えないために、複数の治療を受けてきました。

SUGAは、腕を高く上げる動作ができない、または突然の痛みを感じるなど、様々な症状を経験してきており、活動中も様々なリハビリと治療を受けてきましたが、残念ながら大きく好転しませんでした。最近では、症状が現れる周期が短くなり、舞台だけでなく日常生活でも不便を感じていました。

SUGA本人が兵役義務を履行すること、そして兵役後につながる歌手活動のためにも、健康な状態を作ることが重要であると判断し、当社と長く悩んだ末、手術を決めました。

今回の手術でSUGAは当分の間、いくつかのスケジュールを除いた大部分の公式活動に参加せず、回復に専念します。手術部位が安定的に回復したという医師の所見を受けた後に、リハビリを経て健康な姿で戻って舞台に上がる予定です。「BTS」の新アルバム「BE」の活動期間にも、ファンの皆さんにお会いするのが難しい可能性があります。SUGAを待っていたファンの皆さんに心痛と懸念をおかけして恐縮であるということを申し上げ、ご了承をお願いいたします。

SUGAは、「ファンの皆さんの心配、懸念、残念で空しい気持ちは全て分かります。より健康な姿で皆さんに会うために準備する時間だと考えてくださって、私がしばらく席を外しても、待っていてくれ」と伝えました。

すべてのアーティストの健康と安全のために、さらに努力します。

ありがとうございます。

WOW!Korea提供

 

  • 「公式全文」BTS(防弾少年団)SUGA、肩の手術後回復専念…“元気な姿を準備する時間。待ってほしい”
  • 【LINE MUSIC月間ランキング:2020年10月】世界でもヒット継続中のBTS「Dynamite」が2位 、LiSA「炎」が堂々の1位獲得!アニメ主題歌「紅蓮華」も6位に。平井大「Stand by me, Stand by you.」が3位!
  • IU&SUGA(BTS)のコラボ曲「eight」MV再生回数が1憶回を突破!…海外でも高まる人気
  • BTS(防弾少年団)ジョングク、ソロ曲「時差(My Time)」がiTunesに102日間チャートイン…BTSソロ曲の中で最長期間!グローバルな人気を立証
  • 2020.11.07

    blank