“ヘヒョの母”シン・エラ、「青春の記録」撮影当時を振り返る…“パク・ボゴムの演技にときめいた”

女優シン・エラが「青春の記録」に出演し、“青春のときめき”を感じたと告白した。

29日午後、ソウル、カンナムグ(江南区)チョンダムドン(清潭洞)TKCピクチャーズの事務室でtvN月火ドラマ「青春の記録」に出演したシン・エラのインタビューが行われた。
「青春の記録」は27日に最高視聴率8.7%を更新し、人気裏に終映した。シン・エラは、劇中パク・ボゴム演じるサ・ヘジュンの友人ウォン・ヘヒョ(ピョン・ウソク)の母親キム・イヨン役で出演した。

シン・エラは撮影当時を振り返り「パク・ボゴムさんの演技を見て胸がときめいた。ボゴムさんとのシーンは一度しかなかったが演技力に感嘆した」と回想した。そして、「また、脚本家のハ・ミョンヒさんの台詞は飾り付けたりせず、とても自然だ。“こんなところまで現実感があるな”という台詞がとても良かった」とし、「穏やかに家族のあたたかさが描かれていて、家族間の愛憎が描かれたのがとても気に入った。パク・ボゴムさんの演技を見ながら、また助演のみんながとても上手で視聴者の立場でひたすら楽しんで見ていた。青春のときめきをもう一度感じることができる機会だった」と話した。

  • 女優シン・エラ、夫チャ・インピョをSNSで応援“MCが素敵ですね”
  • 女優シン・エラ、31日入隊パク・ボゴムを応援…“元気で行って来て”
  • シン・エラ、パク・ユンジェ主演のドラマ「不屈の嫁」 国際エミー賞にノミネート!!
  • 俳優チャ・インピョ&シン・エラ、18年前とまったく同じ場所とポーズで…歳月を感じさせないビジュアル
  • 2020.10.30

    blank