故ク・ハラさんを脅迫容疑の元恋人、2審に検察が「不法撮影まで有罪に」と嘆願

ガールズグループ「KARA」出身の故ク・ハラさんを生前暴行し、プライバシーの動画で強迫した疑いで起訴された元恋人チェ・ジョンボム氏に対して検察が「1審が後ろ姿の撮影を無罪に判断したのは不当だ」と主張した。

ソウル中央地方裁判所の刑事控訴1-1部(部長判事キム・ジェヨン、ソン・ヘヨン、チョ・ジュンレ)審理で21日に開かれたチェ氏の控訴審第1回の公判で検察は「チェ氏が被害者の意思に反し、後ろ姿などを撮影した事実が認められるが無罪と判断した原審には事実誤認がある」とし、「量刑も不当だ」と主張した。

これに先立ち、1審はチェ氏に懲役1年6か月に執行猶予3年を言い渡した。チェ氏は傷害、脅迫、強要、性暴力犯罪の処罰などに関する特例法(カメラ撮影)、財物破損など5件の疑いで裁判にかけられたが、裁判部はカメラ撮影の容疑は無罪と判断した。

1審は「2人の関係を総合すると、写真撮影の当時は明示的な同意を得なかったが、被害者の意思に反し撮ったものとは思えず、公訴事実を認めがたい」と該当容疑を無罪と判断した。

1審の判決に検事とチェ氏はいずれも控訴したが、同日チェ氏側の弁護人は「原審刑が不当だとは思えない」とし、「検事の控訴に防衛する趣旨で控訴した」と明らかにした。不法撮影容疑に対しては1審と同じ無罪判決を言い渡してほしいと裁判所に要請した。

これに対して裁判所は「1審が無罪と認めた写真撮影に被害者の同意があったのかどうかが争点となる」と説明した。

(2ページに続く)

・故ク・ハラの実兄、ハラへの”暴行・脅迫容疑”元恋人の控訴審裁判に出席

・故ク・ハラを”暴行・脅迫”容疑の元恋人、控訴審裁判に出廷

・故ク・ハラの実兄が立法請願していた「ク・ハラ法」、国会法制司法委員会通過ならず

・「ク・ハラ法」自動廃棄…国会の審議を通過できず

2020.05.21

blank