「イベントレポ」CODE-Vを思い出したら笑顔になって」 涙でファンとの絆を確かめて、それぞれの道へ・・・ CODE-V、超満員SOLDOUTで有終の美

2018.12.24

Photo:堂園博之

 

2012年5月に「君がくれたもの」でメジャーデビュー。翌年12月には日本武道館公演も開催したCODE-Vが、12月23日東京・TOKYO DOME CITY HALLで「CODE-V LAST LIVE〜The Final Harmony きみがくれた奇跡〜supported by WIZY」を開催。チケットSOLD OUTの超満員の中でメジャーデビューからおよそ7年間の活動に終止符を打った。

開演時刻には、CODE-Vカラーのブルーの光で包まれる中、オープニング映像が流れる。いつも通りの大歓声に包まれる中でライブがスタート。いつもより一段と青く染まった会場を見てメンバーも「TOKYO DOME CITY HALLで僕らのラストライブに来てくれてありがとうございます。凄い景色ですね!」心の声が思わず溢れてしまう。

勢いがさらに増して止まらない大歓声の中で「Loving you, Love me 」に「Dancin' Circle」ダンスナンバーで盛り上げると、メンバーそれぞれがソロ楽曲でもステージ上からファンに気持ちを届ける。

ナロが「心配しながら準備したけど出来て良かった」と安堵の表情で話したダンスパートでは、「大好きで大嫌い」、「希望のシグナル」など4曲を立て続けに披露して会場を一体化させると会場の空気感が止まることを知らないかのように昇り続ける。

ファンから集めたワードで詞を紡ぎ楽曲にした「Miracle's Forever」を心を込めて最初で最後の歌唱を行うと様々な気持ちが交錯。しかし、その強いメッセージに"絆"を強めていくことを全員が再確認していく。

そして、あっという間に迎えた本編最後は「ROKUTOUSEI」。ここまで全力でステージを動き回ってきたとは微塵も感じさせないハーモニーで締める。

当然これで終わるわけがなく、止まることなく響き続けるアンコールに呼ばれるようにメンバーが再登場すると「Addiction〜君なしでは、⽣きられない 」を披露。曲間には、2013年にCODE-Vを脱退したジェウォンがステージに登場して、5人とハーモニーを重ねていく。

(2ページに続く)

・【スカパー!】「韓流ザップ」11月20日放送回ゲストに「CODE-V」登場

・CODE-V出身、ソロアーティスト ウシク、12月に「WOOSIK 4th LIVE&FANMEETING in TOKYO & OSAKA 」開催決定!

・「イベントレポ」『CODE-Vは皆さんの中、僕たちの中でいつまでも続いていきます』【CODE-V SUMMER LIVE 2018】振替公演で 12/19発売のオリジナルアルバムタイトルが「-ing」に決定! FINAL特典会詳細も発表!

・「取材レポ」ルイ(CODE-V)、ワンチョル(Apeace)、ミンス、キム・ヨンソク(CROSS GENE)登壇!“キーワードは嘘?!チームワークも最高!”新作ミュージカル「VOICE」の制作発表会開催!