「個別インタビュー」JUNIEL、11月開催の日韓合同フェスに出演「たくさんの方に見に来てほしいです」

2018.10.12

日本語を学びながら渋谷近辺でストリートライブを行い、2011年に韓国よりも日本でデビューしたシンガーソングライターJUNIEL。韓国では2012年にデビュー、キュートなナンバーから社会的な問題をテーマにしたものまで、幅広い楽曲を披露している。11月7日には東京で開催される日韓合同フェス「Music and City Festival」に出演が決定している。公演を約1カ月後に控え、意気込みや自身の音楽制作、ペットの話や好きな音楽まで、幅広く語ってくれた。

―日本にいらっしゃるのは久しぶりですよね?最後にいらしたのはいつでしたか?

JUNIEL:そうですね、3月に対馬であった音楽祭に出て、それ以来ですので半年くらいたちましたね。東京は久しぶりです。

―久しぶりに日本に来てみていかがですか?

JUNIEL:なんか見える景色が日本は来る度に新しい感じがします。高校生の時日本で過ごしたけど、今はもう25歳でお酒も飲めるようになったし(笑)見慣れているけど、違う感じっていうんですかね。

―約1年ぶりの日本での公演になりますが、これまでどのように過ごされていましたか?近況を教えてください。

JUNIEL:ドラマのOSTに参加したり、作詞・作曲をして過ごしていました。

―11月7日に「Music and City Festival」の日本公演に出演されます。韓国公演につづく出演となりますが、日本ではどのようなステージを披露する予定ですか?

JUNIEL:まだ何を歌うか完全には決めていなくて。でも、韓国公演ではあんまりアコースティックな感じはなかったんですけど、今回はちょっとそういうナンバーをいれてみようかなと思っていますね。なので、また韓国とは違うステージを見ていただけると思います。

(2ページへつづく)

  • 「取材レポ」TST、”みなさんに会えて幸せです〜!”「TST SUPER PREMIUM CONCERT IN JAPAN 」開催!10/8にはZeppなんば大阪でファミリーコンサートも開催!
  • 「個別インタビュー」実写版ドラマ「アイドルマスター.KR」R.G.Pソリ、ユキカ、イェウン“ドラマの前半と後半のメンバーの変化にも注目して観てください!”
  • 「PHOTO@ソウル」SUPER JUNIORドンヘ、少女時代スヨンら、「キャデラックハウスソウル」オープニングイベント出席
  • 「個別インタビュー」ナム・テヒョン率いるSouth Club、自由で飾らない弾けたライブが魅力!日本公演や欧州ツアーのエピソード&メンバーの酒癖も公開!