「個別インタビュー」ZEUS(元SHU-I)、デビュー曲を引っさげ日本活動を本格始動! 3人が語る軍隊生活・新曲・ファンへの想い、そしてこれから……

2018.08.09

8月1日(水)1stシングル「Thunder/Re Smile」をダブルA面シングルとして、待望の日本デビューを果たした元SHU-Iのインソク(INSEOK)、チャンヒョン(CHANGHYUN)、ミンホ(MINHO)の3人からなるZEUS(ゼウス)。
2015年にSHU-Iを解散した後、3人全員が入隊。今年2月と3月に無事除隊するや、日本で5月25日に除隊後初の単独イベントを開催し、早くも活動をスタートさせた。
ZEUSとしての新たな幕を開ける日本デビュー曲は、彼らのシンボル・ソングとなる軽快なビートの利いたダンスミュージック「Thunder」と、ファンへの感謝を歌った「Re Smile」。兵役を経て、一段と男らしくなって帰って来た3人が、記念すべきデビュー日、リリースイベントの合間を縫って、再始動した心境やデビュー曲の注目ポイント、待ってくれていたファンへの想い、これからの活動などを語ってくれた。

-皆さんとお会いするのは、入隊前の2015年12月以来ですね。
一同:お久しぶりです~。
インソク:でも、先月ぶりぐらいの感じです(笑)。

-すごく元気そうで何よりです。改めて、自己紹介を兼ねて、この間どう過ごしていたかを教えてください。
インソク:リーダーのインソクです。2年間の軍隊生活が無事に終わって、また日本で5月25日から活動を始めたんですけど、いまは兵役中に想像してきたことが、1個1個実現できている毎日なので、楽しみながら頑張って活動しています。

-日本語力も全く衰えていないですね。
インソク:3人とも頑張りました(笑)。
チャンヒョン:ZEUSのチャンヒョンです。兵役の中で、つらい訓練とかがあるとき、ずっとファンの皆さんのことを考えて頑張りました。
ミンホ:ミンホです。ん~、やっぱり2年半とか3年ぐらい、メンバー全員がいないチームって僕たちが初めてだったと思うんですが、そういうメンバー全員がいないチームを待ってくれたファンの皆さんのために、これからは僕たちが恩返しをしていく番じゃないかなと思います。見守ってください。

(2ページにつづく)