【全文】「防弾少年団」SUGAと熱愛説浮上のSURAN、釈明コメント掲載

【全文】「防弾少年団」SUGAと熱愛説浮上のSURAN、釈明コメント掲載

歌手SURANが「防弾少年団」SUGAとの熱愛説を釈明した。

SURANは31日、自身のInstagramを通じて、先月27日に浮上した「防弾少年団」SUGAとの熱愛説を釈明するコメントを掲載した。

SURANは、SUGAとの熱愛説の証拠に挙げられた「考えに“ユンギ”(=艶)を与えてくれる」というコメント、マカロン写真、プードル写真などを一つ一つ取り上げ、「想像された全てのことは、全く違う、極めて個人的な事情が込められた投稿」と釈明。

SURANは「昨年会ったSUGAとも音楽でのコミュニケーションが関係の全部だったし、それ以上でも以下でもなかった。それにもかかわらず、ずっと誤解をする方々が多いので、もどかしい気持ちが大きい。時間が経っても止まらない、私に対する悪口や怒りをどのように対処すればいいのか、途方に暮れている」と明かし、SUGAとの熱愛説を否定した。

最後に、SURANは「もう一度、心よりお詫び申し上げる。もっとたくさん考え、悩むミュージシャンになる」と締めくくった。

以下は、SURANのコメント全文

こんにちは。SURANです。

まず、意図せず、私によって傷つき、心を痛めた方々がいらっしゃったら、心よりお詫び申し上げます。

「考えに“ユンギ”(=艶)を与えてくれる」というコメントは、「ぴかぴかした艶が流れる」の意味として使用した表現で、甘いデザート一口で、アイディアいっぱいの考えが浮かんで気分が良くなり、私の幸せな気持ちを伝えるための表現でした。

単純に、知人が作って送ってくれたマカロンが可愛くて、ありがたかったので、宣伝したくて掲載したものにすぎません。

スペインを意味するS、雑誌撮影スタジオにいたプードルなど、想像された全てのことは、全く違う、極めて個人的な事情が込められた投稿です。

私は普段、抽象的な表現をよくします。

その表現が一般的ではないという、ものすごい非難を受けたことに大きな衝撃を受け、傷ついています。

あまりの苦しさで投稿を削除しようか悩みもしましたが、ここは個人的な私のSNS空間であり、投稿をしながら不純な気持ちを持ったことはないため、そのままにしておくことが、私の本心を伝える道ではないかと思います。

私は、ただ音楽をする人間です。軽く始めたわけでも、簡単に生きてきたわけでもありませんでした。たゆまず次の目的地、さらに良い音楽に向け、進んでいるだけです。


昨年会ったSUGAとも音楽のコミュニケーションが関係の全部だったし、それ以上でも以下でもありません。

それにもかかわらず、ずっと誤解をする方々が多いので、もどかしい気持ちが大きいです。時間が経っても止まらない、私に対する悪口や怒りをどのように対処すればいいのか、途方に暮れ、考える時間が必要でした。

365日24時間。

公人であるため、緊張の中で、誰かを常に意識しなければならない私の周りの全ての人、全ての状況を考え、コントロールしながら投稿をしなければいけないと思うと…。

何もできないのではないのか、音楽までも検閲しなければいけず、常に緊張し、心配しなくてはいけないのか、そんな考えが後を絶ちません。

もう一度、心よりお詫び申し上げます。もっとたくさん考え、悩むミュージシャンになります。

 

WOW!korea提供

  • 防弾少年団、米タイム誌選定「最も影響力のある100人」の候補に
  • Wanna One、アイドルチャート3週1位“カン・ダニエル強し”..防弾少年団はファン投票1位
  • Flowsik、防弾少年団の「MIC Drop」の英語歌詞に参加..K-POPの地位高まった
  • <トレンドブログ>「防弾少年団」の所属事務所、“ビッグ3”を抑えて売上No.1に!
  • 2018.04.01

    blank