「取材レポ」実力派ソロシンガー ファン・チヨル「皆さんの温かいまなざしでリラックスできます」ファン待望の日本初イベント開催

「皆さん、はじめまして。私はファン・チヨルです。お会いできてうれしいです。今日私と一緒にいてくれてありがとうございます。楽しい公演でお返しします。期待してください」と、準備してきた日本語であいさつ。「ファン・チヨル」という日本語の音の響きが気に入っているようで「チヨル~チヨル~♪」と、ニコニコしながら自分の名前を連呼する場面も。ゆったりとしたメロディが心地よい「Angle」では頬に手をあてたり、ジャケットの胸元をゆっくり開いたりとファンサービスもバッチリ。

ここからはファン・チヨルの素顔にせまるトークコーナーも用意。まずは「スキャントーク“I AM”」と題して、過去・現在・未来に関する質問に3秒以内で答えるコーナーから。学生時代にモテモテだったというエピソードを持っているファン・チヨルにMCから「どれぐらいモテたんですか?」と質問が飛ぶと「自分から話すのはちょっと(笑)」と謙遜しながらも「学生の頃はダンスが上手い人が人気ですよね。僕たちはショッピングモールで毎週ダンスを披露していたのでその人気たるやすごいものがありましたね(笑)」と、自らの武勇伝を語った。(3ページに続く)

2017.11.30

blank