「バラコラ」「見習い社長の営業日誌3」、衛生問題などの騒動も乗り越え安定した人気で終了! 最終回はチャ・テヒョンの感動の涙も!

チャ・テヒョン×チョ・インソンの人気シリーズ「見習い社長の営業日誌」(tvN)の第3弾「見習い社長の営業日誌3」が2月1日(木)に終了した。今シーズンは前作より1話増え、全14話で完走。最終回視聴率は5.3%(ニールセンコリア調べ、全国基準)だった。


今シーズンは舞台を米国に移し、韓国人マート(ASIAN MARKET)を10日間運営する模様が描かれ、規模や仕事量の多さから、イム・ジュファン、ユン・ギョンホ、パク・ビョンウンが正社員に昇格(⁉)し、チャ・テヒョンとチョ・インソンをサポート。

アルバイトは英語が堪能で時には日本語も話せるハン・ヒョジュ、パク・キョンリム、キム・アジュン、パク・ボヨン、パク・インビといった女性ゲストが顔を揃え、エンディングはこれまでと同様、ホン・ギョンミンがディナーショーで締めくくるという展開だった。

安定した人気を誇る「見習い社長の営業日誌」だが、今シーズンは好評の声ばかりではなかった。このマートの人気商品であるキンパプ(のり巻き)を作るとき、出演者がマスクや衛生キャップを着用せず、おしゃべりをしていたことなどを一部視聴者から指摘され、放送序盤から衛生問題をめぐって物議をかもした。また、この番組の要である地元住民との交流という部分において、英語での会話をゲスト頼みにしていたこともあり、英語でのコミュニケーション問題も取りざたされた。

しかし、衛生問題は制作側が謝罪。英語問題に関しても、レジ担当のチャ・テヒョンが徐々に慣れてきたのか、ある瞬間から英語でスムーズに対応できるようになり、むしろ成長していく姿を見せ、視聴者も厳しい視線から温かい視線へと変化していったように感じる。地元住民との温かい交流を通じた“人間味あふれるバラエティー”という番組の軸となる部分はしっかり守られ、今シーズンもたくさんの人に笑いや癒しを届けたのではないだろうか。

(2ページに続く)

2024.02.07