「バラコラ」イ・スンギ不在の「チプサブイルチェ2」、2週連続視聴率1.9%…新メンバーのベンベン(GOT7)がシングルライフ公開!


約3か月の充電期間を経て、1月1日(日)の放送よりシーズン2として帰ってきたSBS日曜バラエティ「イ・スンギのチプサブイルチェ~師匠に弟子入り」(以下、「チプサブイルチェ」)。

新メンバーにベンベン(GOT7)と元プロ野球選手イ・デホ(李大浩)が加わったが、前所属事務所とのトラブルにより、ヤン・セヒョンと共にオリジナルメンバーで、この番組の看板であるイ・スンギが不在のままスタートした。


大黒柱であるイ・スンギの抜けた穴は大きい。新シーズンのオープニングで、ヤン・セヒョンが「あいさつは誰がするの?」と困惑し、イ・スンギの名前を叫びながら「誰も進行ができない」と弱気な姿を見せた。すると、ウン・ジウォン(SECHSKIES)が「スンギがいなくても、僕たちがうまくやっておかなきゃいけない。ちゃんと帰ってこられるように」と士気を高め、イ・スンギが戻ってくる可能性を示したが、状況がどうなるかは分からない。

新シーズン最初の企画としては、“人気が拮抗しているトレンド”をテーマに、第1弾はゴルフvsテニスで、それぞれ師匠を招いてメンバーたちがゴルフとテニスを体験。ゴルフの師匠として、これまで何度か「チプサブイルチェ」に出演しているイム・チャンジョンが登場した。また、8日(日)に放送された第2弾は結婚vs非婚で、やはり「チプサブイルチェ」に以前も揃って出演した俳優シン・ヒョンジュンとチョン・ジュノが結婚側の師匠として登場。顔ぶれだけを見ると、どこか安心感があって懐かしい“ファミリー感”の強いラインナップだった。

ところが、オープニングでも言っていた通り、これだけ大所帯になる出演者をまとめ、ゲスト(師匠)の魅力を引き出しながら、笑いも交えて進行するイ・スンギが不在…。蓋を開けてみると、1日も8日も視聴率1.9%(ニールセンコリア調べ、全国基準)という低調な数値を記録し、厳しい再出発となった。

シーズン1は最終回(昨年9月18日放送)が4.2%で、平均的に3~5%台で推移していた。新シーズンから編成枠が「ランニングマン」と入れ替わり、「チプサブイルチェ」が午後4時50分からと時間帯が早まったという変化もあったが、8日の同時間帯はKBS第2「社長の耳はロバの耳」が6.9%、MBC「生まれてきたついでに世界一周」が4.6%。地上波3社の中では一番低く、しかもかなり差を開けられているというのが現実だ。

ちなみに、「チプサブイルチェ」の放送が終わった後、午後6時20分から始まる「ランニングマン」は1日5.9%、8日5.8%を記録。それまで3~4%台で推移していたのが、編成枠が変わったとたん、一気に上昇。なんとも皮肉なことだ。

(2ページに続く)

関連記事

2023.01.12

blank