俳優ヒョンビン、撮影のため来年1月末出国予定…旧正月は妻ソン・イェジンと息子とともに

俳優のヒョンビンが来年1月、映画撮影のために海外へ出国をする予定だ。

ヒョンビンの所属事務所VASTエンターテインメント関係者は1日、ヘラルドPOPに「映画『ハルビン』撮影のため、1月中に海外出国予定で日程調整中だ」と明らかにした。

「ハルビン」は1909年祖国と離れたハルビンで、奪われた大韓民国を取り戻すために命をかけた独立運動家の物語を描くスパイアクション大作で、ヒョンビンはアン・ジュングン役を演じ熱演を繰り広げる予定だ。

先立ってこの日あるメディアは、ヒョンビンが2023年1月25日ラトビアで「ハルビン」の撮影を始めると報道した。 ヒョンビンは現在、モンゴルなどで一部分の撮影を終えて帰国。 韓国で国内の撮影分を消化しているという。

特にヒョンビンと女優のソン・イェジン夫婦は先月27日に男児を出産し、多くのお祝いを受けた。 ヒョンビンが「ハルビン」の撮影でモンゴルにいたため、出産したソン・イェジンのそばを守れなかったという報道もあったが、これは事実ではなく、ソン・イェジンと子供のそばで誕生の瞬間を共にしたことが確認された。

1月、「ハルビン」の撮影のためラトビアに発つ予定のヒョンビン。しかし、約2か月間は妻ソン・イェジンと息子のそばを守ることができると見られる。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.12.03

blank