BTS(防弾少年団)ジョングク、「Dreamers」で2022年のiTunesでK-POPアーティスト“最長”1位を記録!


BTS(防弾少年団)のジョングクが、“iTunes”でK-POPアーティスト“最長”新記録を樹立して、グローバルボーカルキングの威厳を誇った。

ヨーロッパのビルボードと言われる世界的権威の「ワールド ミュージック アワード(WMA)」は、ジョングクがグローバル音源プラットホーム“iTunes”で、2022年K-POPアーティスト“最長”期間1位進入という記録を立てたと伝えた。

また、「ワールド ミュージック アワード」は、「Dreamers」が最近10年間、ワールドワイド(全世界)のiTunesソングチャートで“最長”期間1位を占めたK-POPソロアーティストの曲だとし、意味のあるジョングクの偉業に注目した。

「Dreamers」は29日集計基準、ポップスターRihannaの「Lift Me Up」、Taylor Swiftの「Anti-Hero」、Harry Stylesの「As It Was」などを抜いて“10日連続”ワールドワイド iTunesソングチャート1位を記録して、強大な音源パワーを誇った。

「Dreamers」は、ワールドカップソング史上“初”で発売初日にiTunes100ヶ国以上で1位になるという新しい歴史を書いた。

一方、「Dreamers」は、「FIFAワールドカップカタール2022」の公式サウンドトラックで、11月20日(韓国時間)、全世界の音楽配信プラットホームを通じて配信された。

関連記事

2022.12.03

blank