ヒョンビン、旧正月の連休まで妻ソン・イェジンと共に育児に専念

俳優ヒョンビンが、来年の旧正月の連休まで息子と妻のそばで時間を過ごした後で撮影に戻る。映画「ハルビン」チームが、来年1月25日から海外撮影に本格的に着手するためだ。
1日、関係者によると、ヒョンビンがキャスティングされたウ・ミンホ監督の新しい映画「ハルビン」は、2023年1月25日にラトビアで本格的な現地での撮影を開始する。当初1月20日と誤って報道されていた。


ウ・ミンホ監督とスタッフは、来月25日の撮影日程に合わせてラトビアに到着して現地で撮影に入る予定だ。ヒョンビン、パク・ジョンミン、チョ・ウジン、チョン・ヨビン、ユ・ジェミョン、パク・フンら主要俳優は、各自の海外撮影のスケジュールに合わせて合流する。
シナリオに出てきた海外撮影の分量がキャラクターによって異なるため、俳優たちもラトビアで滞在する期間も異なる。20日に全体が一緒に出発するのではない上、期間滞在も同じではないという話だ。

(2ページに続く)

関連記事

2022.12.01

blank