「VICTON」、アルバム「Choice」を発売…”時間3部作”のフィナーレ版

韓国の7人組ボーイズグループ「VICTON」が、新曲「Virus」でカムバックする。

「VICTON」は15日午後6時、主要音源サイトを通じて新曲「Virus」を含めたミニ8集「Choice」を発表し6か月ぶりに電撃カムバックする。同じ日の午後8時に「VICTON」は対面とオンライン生中継で進行されるファンショーケースを通じて新曲「Virus」の舞台を最速公開する計画だ。

「VICTON」のミニ8集「Choice」は、未来が決定されていても真の”自分”を求めるために後悔のない “選択”で進んで行きたいという誓いを込め、時間を素材に脱出と 追跡のストーリーの”クロノグラフ”、決められた未来の中の混乱を描いた”カオス”にあり、「VICTON」の2022年 “時間3部作”シリーズの豪華な終止符を飾ることとなるアルバムだ。

タイトル曲の「Virus」は「VICTON」が初めて試みるオルタナティブ・ヒップホップジャンル曲として「Virus」のような悲劇的の愛であっても後悔ない愛を育んでいくという果敢な選択を込めたメッセージが印象的な曲だ。「NCT 127」、「Stray Kids」等を手がけたTAK(NEWTYPE)とベクヒョン、「SHINee」、「NCT U」等の代表曲を手がけたAdrian Mckinnon等の実力派プロデューサー陣が参加し完成度を高めた。

(2ページに続く)

関連記事

2022.11.15

blank