歌手ドン・スパイク、逮捕から9日目に検察送致=麻薬投薬容疑で


麻薬を投薬した容疑で緊急逮捕された有名作曲家兼歌手ドン・スパイク(Don Spike/本名:キム・ミンス/45)が、拘束された状態で検察に送致された。

ソウル・ノウォン(芦原)警察署は5日午前、ドン・スパイクを麻薬類管理に関する法律違反容疑でソウル北部地検に送致した。

ドン・スパイクは昨年12月から先月まで8回にわたりボードゲームバー店主のA容疑者と一緒にヒロポンを投薬、またソウル・カンナム(江南)区で接客業の女性2人をホテルに連れ込み麻薬を使用していた容疑を受けている。

警察がほかの被疑者を調査していたなか、ドン・スパイクの名前が浮上。その後、逮捕状の発行を待って先月26日、江南の某ホテルでドン・スパイクを逮捕した。当時、現場で1000回分に達するヒロポンが押収された。

警察によると、ドン・スパイクとA容疑者をはじめ今回の麻薬事件で立件された被疑者は計17人。そのうち12人がこの日検察に送致された。警察関係者は「残り5人については順次検挙し、聴取する方針」と明かした。

ドン・スパイクは1996年、グループ「POSITION」の客員ラッパーとして芸能界にデビューした。その後、有名歌手たちと楽曲制作を共にし、作曲家として名を広めた。プライベートでは、ことし6月に6歳年下のメイクアップアーティストの女性と結婚したばかりだ。

WOW!Korea提供

2022.10.05

blank