元麻薬中毒者のYouTuber、歌手ドン・スパイクの逮捕に驚いた理由…「症状になればあんな体型にならないのに」

麻薬中毒から抜け出した後、麻薬根絶コンテンツを作ってきた有名YouTuberが、作曲家兼歌手のドン・スパイク(Don Spike/本名:キム・ミンス/45)に対して疑問を提起した。

YouTubeチャンネル「Skull KingTV」を運営するYouTuberのSkull King(韓国出身)は先月28日、ドン・スパイクの麻薬投薬に関連し自身の考えを明らかにした。

Skull Kingは「ドン・スパイクの麻薬投薬事実に驚いた」とし、「あの方の身体のサイズ自体がヒロポンをする人々には出にくいサイズ」と述べた。

さらに彼は「薬をテッシュにいっぱい含ませて服用したと思う。もともとヒロポンをやると体重がぐんぐんやせる。それが肉の力なのか?」と驚いた。

ヒロポンは投薬を止めた場合、歯の痛み、脱毛、うつ病、筋肉の委縮、急激な老化などの苦痛を経験することになり、普通は体重の減少症状が伴うことが分かった。

(2ページに続く)

2022.10.03

blank