ドン・スパイク、麻薬容疑以外にすでに同種の前科3回


麻薬投薬容疑をかけられている作曲家で事業家のドン・スパイク(本名:キム・ミンス・45)が、すでに同種の前科があると伝えられた。

29日あるメディアは、「ドン・スパイクは今回の麻薬投薬容疑の他、麻薬類の前科3回があるとわかった。」と報道した。

ドン・スパイクは28日、拘束前被疑者尋問(令状実質審査)を受けるため、ソウル北部地裁に出廷し、「いつから麻薬を投薬していたのか」という取材陣の質問に対し、「最近」だと答えていた。

一方でドン・スパイクは、去る26日ソウル・カンナム(江南)区ヨクサム(駅三)洞にあるホテルで逮捕された。警察は現場でおよそ1000人に投薬できる量のヒロポンを押収した。

現在ドン・スパイクは、去る4月から別名「ポド(輔導)部屋」(売春等の斡旋所)業者A氏(37)と、合計3回に渡りソウル・カンナム区一帯の宿泊所で、女性の接客スタッフ2人と麻薬を投薬した容疑がかけられている。

WOW!Korea提供

2022.09.29

blank