俳優パク・ソジュン&女優ハン・ソヒ共演新ドラマ、「京城クリーチャー」Netflixで公開確定


Netflixがパク・ソジュンとハン・ソヒの共演で爆発的な期待を集めている「京城クリーチャー」の公開を確定した。

時代の闇が最も色濃かった1945年の春、生存が全てだった青春たちが貪欲によって誕生した怪物に立ち向かうcreatureスリラー「京城クリーチャー」は、ヒットメーカー制作陣のタッグで期待を集めている作品だ。ドラマ「浪漫ドクターキム・サブ」、「九家の書」 等ジャンルを問わない筆力で人気のカン・ウンギョン作家が脚本を、細密で力のある演出を見せるチョン・ドンユン監督が演出を担い、1945年の京城、激動の幕に視聴者を招待する。京城を揺らした怪物の登場と怪物よりももっと怪物のような人々に向かい死闘を繰り広げる彼らの物語が圧倒的な 経験を届ける予定だ。

超豪華なキャスティングもやはり「京城クリーチャー」に対する期待を高めている。ドラマ「梨泰院クラス」、「キム秘書はいったい、なぜ?」 等、ジャンルを越えて大ヒット記録を続けているパク・ソジュンは、京城最高の資産家であり質屋“金玉堂”の大株主チャン・テサン役に扮(ふん)しドラマをリードしていく。チャン・テサンは京城第1の情報通として知られおり、正義よりもお金を優先視するが連続失踪事件を追う中でユン・チェオクと関わり合いながら全く別の人生を迎えることとなる。ユン・チェオク役は、Netflixシリーズ「マイネーム: 偽りと復讐」、ドラマ「わかっていても」 等多様なジャンルで存在感を誇るハン・ソヒが演じる。死んだ人も探し出すという噂の人物ユン・チェオクは、幼い頃から父親と共に満州と上海を行き来しながら失踪した人々を探し出して来た人物で、鋭い目付きと素早い動きを誇る。

さらに、映画 「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」、Netflixシリーズ「マルコポーロ」でグローバルな活躍を続けるスヒョンが、京城一帯を号令する家庭の妻であるマエダに扮する。マエダは完璧なポーカーフェイスで連続失踪事件と関わり緊張感を呼び起こす。ドラマ「調査官ク・ギョンイ」、「賢い医師生活」等、演技の底力を発揮し人気を博す女優キム・ヘスクは金玉堂の執事ナ・ウォルデク役を担いチャン・テサンの丈夫な支柱としての存在感を醸し出す。ドラマ 「海街チャチャチャ」、「ヴィンチェンツォ」等で多様な顔を見せたチョ・ハンチョルは10年前に消えた妻を探すため失踪事件を追って来たユン・チェオクの父親ユン・ジュンウォンに扮しドラマに重みを加える。Netflix シリーズ「イカゲーム」で全世界に強烈な印象を与えたウィ・ハジュンはチャン・テサンの親友で独立軍のクォン・ジュンテク役を担う。クォン・ジュンテクは失踪した同僚を救うためチャン・テサンの危険な旅に同行することとなる。

1945年京城に出没した怪物とこれに立ち向かう人々の熱い対決で強烈な面白さを送る「京城クリーチャー」は、ドラマ「ミスティ」、「ロマンスは別冊付録」 等多数のヒット作を持つSTORY & PICTURES MEDIAとNetflixシリーズ「キングダム: アシンの物語」、「Sweet Home」のStudio Dragon、「社内お見合い」、「このエリアのクレイジーX」 等多数のドラマと映画を提供してきたKakao Entertainmentが 共同制作しNetflixで公開される予定だ。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.09.28

blank