<トレンドブログ>「SUPER JUNIOR」イトゥク、「世界知識フォーラム」でK-POP代表としてサウジの王女と対談…“さらに活発な文化交流に期待”

グループ「SUPER JUNIOR」のイトゥクが、サウジアラビアの王女と対談しました。

イトゥクは、20日にソウル市チュン(中)区のチャンチュン(奨忠)体育館で開幕した「第23回 世界知識フォーラム(World Knowledge Forum)」に、K-POPアーティストを代表して、モデレーターとして出席しました。 彼はこの場で、サウジアラビアのハイファ・ビント・モハメド・アル・サウド王女兼観光部次官と、「旅行と観光、文化交流の未来」をテーマに話を交わしました。

今年の世界知識フォーラムに参加しているイトゥクは、落ち着いた進行で、より一層楽しく有益な対話を繰り広げました。 今年は、韓国とサウジアラビアの国交正常化60周年になる年でもあり、「SUPER JUNIOR」は2019年に、アジア歌手としては初めてサウジアラビアで単独コンサートを開催しており、今回の王女との出会いはさらに特別でした。

王女は、「SUPER JUNIOR」のサウジアラビアコンサートを直接観覧した娘や、「SUPER JUNIOR」のために韓国語を勉強したサウジアラビアの若い女性スタッフについても話しました。

本格的な対談でイトゥクは、サウジアラビアとの縁を紹介し「当時、現地のファンたちが韓国語で僕たちの歌を一緒に歌ってくれて、韓国の料理や文化にも関心を持ってくれた。 これを通じて、両国の距離が今、僕たちが座っている距離ほど近いと感じた。 何よりサウジアラビアの若さと情熱、親切さに大きなエネルギーを受けた記憶がある」と、話しました。

王女と観客を笑顔にさせる愉快な対話で対談を終えたイトゥクは、両国のグローバルな繁栄を祈願し、「今後、韓国とサウジアラビアの文化交流がさらに活発に行われると信じている」と述べ、対談の終盤にはお互いが準備したプレゼントを渡し合いました。

同日、2人は対談を控えて行われた事前ミーティングを通じて笑顔であいさつして、様々なテーマで話を交わし、お互いのSNSをフォローして交流を続けることにしたそうです。

WOW!Korea提供
韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2022.09.21

blank