<トレンドブログ>「SUPER JUNIOR」イトゥク、ミールキット事業の代表として「午後6時以降には、職員にメッセージは送らない」(社長の耳はロバの耳)

ミールキット事業に乗り出した「SUPER JUNIOR」のイトゥクが、勤務時間以外には職員にメッセージを送らないと約束しました。
21日午後、韓国で放送されたKBS2TVのバラエティ「社長の耳はロバの耳」では、イトゥクとシンドンが直接開発したミールキットをテストするためにソウル市民を相手に無料試食タイムイベントを行う姿が公開されました。

この日、イトゥクとシンドン代表は、フードトラックを借りて、職員とチャヤンドン(紫陽洞)に向かいました。 この日猛暑を記録して、野外でイベントを行うのは容易ではありませんでした。 にもかかわらず、二人と職員は市民たちにキムチチゲとオサム肉を披露して、辛辣な味の評価を受けました。 成功的にイベントを終えた彼らは、近くの焼肉屋で会食しました。
イトゥクとシンドンは、意欲があふれて普段からも職員にしばしば連絡して、フィードバックを受けるそうです。 この姿をスタジオで見守ったMCたちは二人の代表に向かって「ひどすぎる」と、連絡を慎むことを提案しました。

これにイトゥクは、「職員にも(開発したミールキットを)『いつ食べるのか』という連絡がたくさん来る。僕は食べてその印象をすぐ話して欲しいタイプ」と、几帳面な性格であることを現わしました。
しかしMCたちが、反対意見を言うとイトゥクは、「今後は夜明けにメッセージは送らない。午後6時以後には職員にメッセージは送らない」と言って、ちょっとすねたような様子を見せました。

WOW!Korea提供
韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2022.08.21

blank