イ・ジョンソクVSキム・ジュホン、最終話まで張り詰める緊張感「ビッグマウス」

ドラマ「ビッグマウス」が最終話の視聴ポイントを明らかにした。

今週の週末に最終話が放送されるMBCドラマ「ビッグマウス」が最後まで予測できない展開を突き進んでいる。

まず、クチョン市長に出馬したパク・チャンホ(イ・ジョンソク)が当選するかどうかに関心が高まっている。

ノ・バク(ヤン・ヒョンウク)が死亡し、新しく「ビッグマウス」になったパク・チャンホは、歴代市長が全員NRフォーラムに迎え入れられたという事実に注目し、クチョン市長になる決心をした。しかし市長になるためには助力者が必要であるため、彼はNRフォーラムのボスであるカン会長を訪ねた。家族の安全を保障し市長候補として後押しする代わりに「ビッグマウス」組織の情報を盗む、いわゆる二重スパイを自任し取引を成功させた。

このように市長候補登録までは成功したが、チェ・ドハ(キム・ジュホン)によってカン会長が死亡し、パク・チャンホは最大の後ろ盾を失うことになった。その上、支持率も候補の中で最下位を記録し巻き返しが容易ではなさそうだ。 特にチェド・ハとNRフォーラムを崩壊させるためにはパク・チャンホにも「ビッグマウス」という闇の力の代わりに適法に権力を使える場が切実な状況だ。

続いて、コ・ミホ(少女時代ユナ)に訪れた不吉な兆候が不安を高める。コ・ミホは過去シンクホール事故当時、排水管で爆発した冷却水を全身に浴びている。コ・ミホの白血病の症状が衝撃を与えている。

「ビッグマウス」の結末とイ・ジョンソクの活躍に視線が集まる。

2022.09.15

blank