「ビッグマウス」イ・ジョンソク、「久しぶりの復帰作で悩みが多かった」…多くの愛と応援に感謝

「ビッグマウス」出演俳優たちの最後の挨拶が公開された。

16日MBC金土ドラマ「ビッグマウス」のイ・ジョンソク(パク・チャンホ役)、少女時代ユナ(コ・ミホ役)、キム・ジュホン(チェ・ドハ役)、オク・ジャヨン(ヒョン・ジュヒ役)、ヤン・ギョンウォン(コン・ジフン役)が放送終了を迎える感想を伝えた。

まず、勝率10%の生計型弁護士から本物の天才詐欺師「ビッグマウス」へとキャラクターの変化を劇的に描き出したイ・ジョンソクは「久しぶりの復帰作であるだけに感慨深い。 それだけ悩みも多かった作品だが、何よりも新しい姿を見せることができて嬉しかった。 いつの間にか時間が流れてチャンホを送る時になったが、パク・チャンホを応援してくださったすべての方々に感謝する。 送ってくださった愛のおかげで無事終えることができた」と伝えた。

続いて「我が家の解決師」でクチョン市が隠した不正を暴きながら勇気があって強いコ・ミホを完成させたユナは「『ビッグマウス』と『ミホ』を見送ると思うと胸が熱くなる。 賢く堂々とした『コ·ミホ』に出会い、人間的にも俳優としてもたくさん学んだ時間だった」と残念な気持ちを表わした。 特に「何より視聴者の方々があまりにも大きな愛をくださって本当に多くのエネルギーを得た。 心から感謝する。 没頭して一緒に見守り、応援してくれたすべての『ビッグマウス』の視聴者の方々のおかげで幸せだった」と繰り返し感謝の気持ちを表した。

クチョン市を徐々に掌握していくヴィラン、チェ・ドハ市長役を通じて破格的な変身を成功させたキム・ジュホンは「『ビッグマウス』を視聴してくださった視聴者の皆さん本当に感謝する。 良い台本を書いてくれて『チェ・ドハ』という人物を書いてくれた作家、その人物を一緒に作っていった監督、多くのスタッフと共にできて光栄だった。 現場で一緒に呼吸を合わせた俳優の方々が素敵で、情熱的な姿を見せてくださってたくさん学んだ」として愛情のこもった心を込めた。

オク・ジャヨンは権力の中心で誤ったことを正そうとしたヒョン・ジュヒの正義を、独特なカリスマで描き出した。 そんな彼女は、「とても良い方々と一緒に作業しながら力と勇気をたくさん得た。 忘れられない大切な時間だった」と感想を述べる一方、「『ビッグマウス』に出演した俳優たちと演出、制作陣の次の作品もたくさん応援してほしい」とし、これまで苦楽を共にした仲間たちを気遣った。

自身の利益のためなら水火も辞さないキャラクターの欲望を立体的な演技に昇華させたコン・ジフン役のヤン・ギョンウォンは「『ビッグマウス』の初撮影からそれほど長く経っていないようだが、すでに最終回放送を控えている。 最後の撮影の時も残念だったが、最後の放送が近づくと残念な気持ちがさらに大きい。 撮影中ずっと一緒に過ごした同僚の方々とスタッフの方々のおかげで、そして放映中ずっと一緒にしてくださった視聴者の方々のおかげで幸せだった。 『ビッグマウス』の最後まで一緒に過ごしてほしい」と話した。

一方、MBC金土ドラマ「ビッグマウス」は今日(16日)夜9時50分に15話が放送される。

2022.09.16

blank