ドラマ「金のさじ」作家たち、「本当の幸せとは何かを考える時間になれば」


MBC新金土ドラマ「金のさじ」のユン・ウンギョン、キム・ウンヒ作家が作品を執筆することになったきっかけと見どころを明らかにした。

「金のさじ」は貧しい家庭に生まれた子どもが偶然手にすることになった金のさじを通して、裕福な家庭に生まれた友人と運命を変えた後、後天的にお金持ち(金のさじ)となった人生アドベンチャーストーリーである。同名の人気NEVERウェブトゥーンを原作となっている。ユク・ソンジェ(イ・スンチョン役)、イ・ジョンウォン(ファン・テヨン役)、チョン・チェヨン(ナ・ジュヒ役)、ヨヌ(オ・ヨジン役)などがキャスティングされた。

ユン・ウンギョン、キム・ウンヒ作家は「金のさじ」の執筆を決めた理由について「『お金持ちになれるなら両親を変えることができるか?』、「自分はどんな選択をするか?」とい不穏な質問が引き出す多くの想像のためだった」とし、「お金と家族の間で選択を悩むスンチョンの人生が視聴者にも大きな影響を与えることができるだろう」と12日に話した。

2人の作家は「『金のさじ』はお金と私たちの人生の関係について、多くの質問を投げかける。健康、家族、幸せなどの価値がどれほど大切なのかは、失ってから気づくことが多い。その過程をスンチョンが生きてみるのである。彼の波瀾万丈な人生を見守りながら、私たちと一緒にいる人々がどれほど大切なものなのかを悟る機会になればと思う」よ作品が抱いているメッセージも説明した。

ユン・ウンギョン、キム・ウンヒ作家は「金のさじ」の見どころも明らかにした。「金持ちによって財閥家の息子になったスンチョンと貧しい半地下の家の息子になったテヨンがそれぞれの環境の中でどんな人に成長するのか、そして最後にはどんな選択をすることになるのか最後まで見てほしい」と話した。

最後にユン・ウンギョン、キム・ウンヒ作家は「ドラマ『金のさじ』を見ながら、自分が足を踏み入れている現実で、本当の幸せが何なのか考える時間になってほしい。お金は重要なものだが、一番重要なことではないということ、今自分が存在するこの時間を共に分かち合う家族と友人、隣人がいて幸せだということをスンチョンとテヨンの選択を見守りながら共にできればと思う」と付け加えた。

WOW!Korea提供

2022.09.12

blank