≪韓国ドラマREVIEW≫「グリーン・マザーズ・クラブ」11話あらすじと撮影秘話…レアとウンピョのフランス語のシーン、撮影の苦労の様子=撮影裏話・あらすじ(動画あり)


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

Youtube動画:「グリーン・マザーズ・クラブ」メイキング

動画最初から2:50まで。

今回は、ジナとそっくりなレアとウンピョが偶然鉢合わせするシーンから。
まずはセリフのリハーサルをするキム・ギュリ。英語とフランス語のシーンのため、練習している。ジナかと思い駆け寄るウンピョに、「人違いだと思いますけど」とレアがフランス語で話すシーンだ。レアが去って行くと後を追って行くウンピョ。しかし、「私の動きが早すぎません?」とイ・ヨウォン。すぐに追いかけすぎて追いついてしまいそうだった。テイク2ではもう少し待をあけて追いかけるイ・ヨウォン。しかしまたNGに。「すみません(笑)動揺しちゃってフランス語が出なかった」と笑う。
そしてレアを引き留めてフランス語で話すシーンへ。しかしイ・ヨウォンがセリフを忘れNGに。タクシーを追いかけるウンピョだが、リハーサルでは追いつきそうになり笑うイ・ヨウォン。

次は、チュニが手錠をかけられるシーン。
待機していたチュ・ジャヒョンは、「手錠って、かけられて動けば動くほど締まってくるってホントなの?」と興味津々の様子。スタッフが「やってみましょうか」と自分の腕で試す。するとマンスとジェウンが集まってくる。「2人とも手錠は触ったことあるでしょ?私初めてなのよ」と親し気に話す。するとマンスは「それは、強く引っ張られた時にはそうなるけど」と言う。スタッフは「ちょっと手錠外してー」と笑う。

●韓国ネットユーザーの反応●

「演技上手すぎてみるのが楽しみ」
「キム・ギュリの美貌がすごい」
「見てから余韻が残るドラマ」
「どんどんハマってしまった」
「未公開メイキングシーン見たい」

●あらすじ●

JTBCドラマ「グリーン・マザーズ・クラブ」11話(視聴率4.2%)では、ウンピョ(イ・ヨウォン)とチュニ(チュ・ジャヒョン)が自分の欲で始まった子どもたちの傷を確認して考えを改める様子が描かれた。

息子の異常な行動を確認したウンピョ夫婦は問題点を見つけるためにすぐに病院に行った。全てが自分のせいだと思ったウンピョは「何が間違っていたのだろうか」と悔やんだ。

チュニも娘が嘘をつき続けるのを聞いてショックを受けた。夫ジュソク(チェ・ドクムン)はチュニを責めるだけで、解決方法を探すのはチュニだけの役目だった。サンウィ洞のママカフェに情報を聞くチュニの文章にウンピョが偶然書き込みをし、二人は気付かないうちに少しずつ違う雰囲気になり始めていた。

こうしてチュニが新しい人生を探している間、ウンピョも子どもの望みどおり、死んだジナ(キム・ギュリ)の息子と会わせて悪縁を整理した。ジナに対する劣等感を受け入れ、自分の嫉妬心に対して素直に打ち明けた。それと共にジナの寂しかった幼少時代の話を聞いたウンピョは勇気を出して墓参りに行った。心からの謝罪に何も返事はなかったが、ウンピョは大切な友人ジナとまた会う約束をした。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.08.14

blank