「ウ・ヨンウ」ダンプトラック×乗用車衝突シーン直接撮影…パク・ウンビンの優しさ垣間見える


視聴者たちが気になっていたウ・ヨンウのエピソードビハインドが公開された。

9日午後、ENA YouTubeチャンネルにはENAドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」のビハインド「[メイキング]くじらカップルぴったりモーメント|ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」というタイトルの動画が掲載された。

公開された動画内ではパク・ウンビンとカン・テオ、ハ・ユンギョンは塩君と胡椒ちゃん、そしてしょうゆ弁護士のシーンを撮影している。監督は「こうやって置いて会話をするとき、この小物たちを使ってみるのはどう?」という提案をし、ヨンウ(パク・ウンビン扮)を慰めるスヨン(ハ・ユンギョン扮)の瞬間もかっこよく撮影された。

お次はダンプトラックと乗用車の衝突シーン。パク・ウンビンは「今『ウ・ヨンウ』の大規模シーンを撮影中である。億ウォン代だという車をボロボロにしてしまうらしい。車のすり替えなどはない。今、このダンプトラックが近づいてくるのを撮影するため、カメラを車内に設置中」と明かした。

続いて「みんなが安全に撮影を終えることができるよう、しっかりと見守りたいと思う。きょう動員された無線機だけでも20個ほど。とても大規模な場面を撮影する」とドキドキした様子。

衝突シーンが終了し、すべてのスタッフが駆け寄った。パク・ウンビンは「わ、本当に驚くとてもかっこいい場面になると思う」とし、「大丈夫ですか??」とダンプトラックの運転手の安否を確認したりもした。

そして事件現場を目撃し、衝撃を受けたウ・ヨンウを落ち着かせるイ・ジュノ(カン・テオ扮)のシーンが撮影された。カン・テオは「まず、手をどうにかしてあげないといけないと思う。体に圧力を与える方法を検索してみた。とりあえず参考にしてみようと思う」とし、監督、パク・ウンビンと共に様々な方法を検討した。2人はモニタリングもしっかりと行い、無事に撮影を完了させた。

WOW!Korea提供

関連記事

2022.08.09

blank