配達員のためのおやつボックスを作った俳優キム・ジソク、小学生からの感謝の手紙を公開し話題


最近、俳優キム・ジソクがMBCバラエティ「私は一人で暮らす」に出演し、配達員のためのおやつボックスを作ることになったエピソードを公開したのに続き、1通の感謝の手紙を受け取ったとSNSに公開した内容が話題になっている。

キム・ジソクは去る15日、自身のSNSで「キム・ジソクさんへ」と書かれたオレンジ色の手紙の封筒を公開した。

公開した写真には、ある小学生の手紙の内容が盛り込まれている。小学生は「お兄さんが準備してくれたおやつをおいしく食べています。1階の保安要員のお兄さんが言ってくれて放送を知りました。僕のためにおやつボックスを作ったと。本当にありがとうございます」とし「『椿の花咲く頃』に出演したとき、家族みんなで楽しく見ました。僕の家族はみんな、お兄さんのファンです。スター芸能人のお兄さんと知り合えて幸せです。これからも大成功しますように」と伝えた。

(2ページに続く)

2021.06.16

blank