「バラコラ」「BTS(防弾少年団)」、「ユ・クイズ」で練習生時代に泣いた苦労話を公開! V vs JIMIN、J-HOPE vs JUNG KOOKのいまだから笑って話せるケンカエピソードも! 

「BTS(防弾少年団)」の出演で大反響を呼んだ3月24日(水)放送の「ユ・クイズ ON THE BLOCK」(tvN)第99話「BTS」編。前半の大爆笑連発だったクイズパートに続き、後半はインタビューパートでメンバーたちが3組に分かれ、真剣な表情で本音を語った。

最初に登場したのは、2011年9月に初めて会ったというRMとV。RMは当時坊主だったVを見て、言うことを聞かなそうだなと思い、VはRMを見て芸能人に会ったような気分だったと第一印象を明かし、練習生時代の思い出から振り返った。

ダイエットをしなきゃいけないのに、こっそりトンカツを食べに行った後、デザートとしてアイスを食べながら歩いていたら、向こうからマネジャーが来たので、とっさにそのアイスをポケットに入れたという2人。考えることが同じだったのだそうだ。うまくその場をやり過ごし、マネジャーが行った後、そのアイスをポケットから取り出し、「まだ食べられるよね?」とまた食べたと笑いながら話し、当時を懐かしんだ。

また、リーダーという立場上、メンバーたちの嫌がる小言が多いというRMが、活動が始まる頃になり、「そろそろ管理しよう」と言うと、それに対し、「大変だけど?」とRMをわざと困らせる(?)ようにしていたのがVだったとか。

天真爛漫で無邪気なVだが、寮生活でつらかったのは家族とあまり会えなかったことだという。当時、巨済島にいた両親が往復12時間をかけ、たった30分会うためだけにソウルに来てくれて、バナナ牛乳やパンなどをメンバーたちと一緒に食べなさいと持たせてくれたと語り始めたV。だから、一緒に遊んでお父さんが帰るとき、すごく悲しくなり、幼心に泣いたりもしたとか。

さらに、練習生生活がとてもつらかったので、「もうやめたい」と泣きながら電話をしたら、お父さんが「つらかったら、やめてもいい。他にも仕事はたくさんあるから、探してみよう」と言ってくれたのだそう。それに返す言葉もなかったVは、「もうやめたい」と切り出した自分を恥ずかしいと思ったという。振り返ってみると、そのときのお父さんの言葉はとても感動だったとし、お父さんに似ているというVは、性格も似たいというぐらいお父さんを尊敬しているのが言葉の端々からにじみ出ていた。
そして、RMが、そんなVのお父さんがメンバーたちに言った言葉、「クムシラコ」(「それがなんだ?たいしたことはない」という意味の慶尚道の方言)を長い間スローガンのようにしていたというエピソードも披露した。

続いてのインタビューはJ-HOPE、JIMIN、JUNG KOOK。2011年6月4日に練習生生活を始めたJUNG KOOKは末っ子だから、寮ではメンバーたちが寝てから、シャワーを浴びていたし、動くたびにベッドがきしむので、音を出さないように、ナマケモノのように動いていたそうだ。

JIMINはグループの中で、最後に合流したメンバー。J-HOPEが釜山からやって来たJIMINを新沙駅のバス停に迎えに行ったのが、2人の初めての出会いだったという。2人ともダンスという共通点があったので、J-HOPEがJIMINに「たくさん交流しよう」と言ったのに、その後6カ月間、まったく交流がなかったらしい(笑)。

メンバー同士のいまだから笑って話せるケンカエピソードも飛び出した。まず、J-HOPEvs JUNG KOOK。デビュー当時、JUNG KOOK がARMY(BTSのファンの呼称)からフルーツセットをもらったが、それをメンバーたちが無断で食べていたので、JUNG KOOKが「誰が食べたんですか? 僕のバナナはどこですか? もう食べないでください」と怒ったら、J-HOPEが逆ギレし、食べてかけていたバナナをいきなり投げつけたという。いま思うと申し訳ないと反省するJ-HOPEだった。

(2ページに続く)

2021.03.29

blank