「ONF」、アメリカForbes集中照明…「既存の枠から抜け出した変化」


アメリカForbesが「ONF」の初フルアルバムを集中照明した。

アメリカ経済専門紙・Forbesは26日に公式ホームページを通して「『ONF』 Discuss Social Messages In Full-Length Album & ‘Trying To Show Something Different’ In K-Pop」というタイトルで、コラムニストJeff Benjaminとのインタビューを掲載した。

Forbesは「私達が知っているK-POPライブは、パフォーマンスが正確で几帳面な振り付けのイメージだが、『ONF』は既存の枠から抜け出して変形した姿を見せた」と、「ONF」だけのライブパフォーマンスに注目した。

更に、「2017年にエナジー溢れる『ON/OFF』でデビュー、『Complete』活動を続けながら既存の舞台パフォーマンスに即興性を加えて、毎回舞台に上がる度に変化を見せた。2020年『Sukhumvit Swimming』の公演での瓶裏返しから始まり、新曲『Beautiful Beautiful』での予想もしなかったエンディングまで、『ONF』の多様性は競争が激しいK-POPシーンで特別性を表している。更に、彼らのキャリアを拡張させながら、『ONF』ならではの色を見せた」とし、デビューアルバムから新譜までの成長過程と、彼らの特別さについて話した。

また、「タイトル曲『Beautiful Beautiful』は初期作を連想させる明るいエナジーを伝えていて、『Thermometer』と『Secret Triangle』ではユニットの『On』チームと『Off』チームに分かれた。『My Name Is』は彼らが誰なのか、メンバーのセルフインタビューが込まれた曲」とし、「ONF」の初フルアルバムについて紹介した。

「ONF」メンバーはForbesとのインタビューを通して、初フルアルバムについてのストーリーから作業過程、ファンに伝えたいメッセージなど、多彩な音楽ストーリーを話した。

一方、「ONF」は先月24日の初フルアルバム「ONF: My Name」以降、タイトル曲「Beautiful Beautiful」で国内音源チャート頂上や音楽放送1位を獲得しながら、独自記録を更新した。また、アメリカニューヨークで全体販売量2位を記録、アメリカiTunesトップK-POPソングチャート頂上を記録した。その他にも、イギリスマガジン「FAULT」を含めて香港有力マガジン「SCMP」などで彼らの新譜を集中照明して、より強くなったグローバル影響力を見せた。

WOW!Korea提供

2021.03.28

blank