DSP新人男性グループ「未来少年」、デビュー=「夢に見た舞台、ファンに会いたい」


韓国の芸能事務所DSPメディアの新人男性グループ「未来少年」がデビューした心境を語った。

「未来少年」は17日午後5時、デビューアルバム「KILLA」発売記念オンラインメディアショーケースを開催した。

リーダーのジュンヒョクは「長いあいだ練習して夢見てきた舞台に立つことができてワクワクしている」と話した。ドンピョはデビュー後に叶えたいことについて「ファンの皆さんに直接会いたい」とし、「コロナ禍で会えないのが残念だ」と伝えた。

「KILLA」には同名のタイトル曲を始めとした全6曲が収録されている。団体プロフィールフィルムとデビューバラエティーコンテンツをとおして一部先行公開された「HIGHER」と「未来少年」が作っていく未来への自信を込めた「WE ARE THE FUTURE」、「KARD」のBMと「未来少年」のカエルが作詞に参加した「SWAGGER」、「未来少年」のカエルとリアンが作詞した「SWEET DREAMS」、フレッシュでときめく心を明るくかわいく表現した「1THING」だ。

「未来少年」の「KILLA」はベースシンセサイザーが特徴的なエレクトロハウスジャンルの曲で、「この曲を聞いた人に僕たちのエネルギーを伝えたい」というポジティブなメッセージが込められてる。

WOW!Korea提供

2021.03.17

blank