故ソルリさんの特集放送、母親が告白 「元恋人チェザと熱愛説が出るまでは、本当に幸せだった…」

故ソルリさんの特集放送、母親が告白 「元恋人チェザと熱愛説が出るまでは、本当に幸せだった…」

韓国女性歌手 故ソルリさんの特集番組が放送された中、出演した母親がソルリさんを回想し恋愛についても言及した。

10日午後、MBCで放送されたドキュメンタリー番組「DOCUFLEX」で故ソルリさんの母親は、芸能人として活動してきた娘について「本当によかった。そのときは娘を追いかけて、宣伝もたくさんして(私自身も)楽しかった。雑誌にもたくさん出ていたから、その雑誌を買い集めて眺めていることも楽しかった」と振り返った。

故ソルリさんの恋愛についても言及した母親は「熱愛説が報じられる前までは、家族もとても幸せでよかった」と告白し、視聴者の注目を浴びた。

ソルリさんは生前、ラッパーのチェザ(ダイナミック・デュオ)と交際していることを認め、”公開恋愛”を続けてきた。2013年に初めて交際が報じられ、2014年に3度目の報道が浮上した際、交際を認めた。

同件について母親は「私は、写真を見ても驚かなかった。誤報だと思った。写真を撮られただけで、記事は仮想のものだと思った。それで娘(ソルリさん)にすぐ電話をすると『うん、ママ、本当だよ』と言った」と明かした。

「突然、13歳年上の彼氏できたと聞かされたのは、階段を上まで突然駆け上がったようなもの。遊びの文化、酒の文化、対話パターンまで全て異なるのだから、そこに中間の過程は全くなかった」と当時を回想した母親。「娘は、自分の彼氏を母親が認めないものだから、怒っていた。『ママはどうして私の好きな人を認めてくれないの』と言っていた。そのとき、私もがっかりして気持ちが沈み、怒りが込み上げた」とし、愛する娘を思うあまり生じた”母娘の確執”を赤裸々に語った。

WOW!korea提供

  • ソルリMBC「DOCUFLEX」、本日(9/10)故ソルリさんの死を考える特集を放送、実母が初めてメディアで激白
  • 25歳、故ソルリさんの死めぐる誤解と真実…10日にドキュメンタリー放送
  • 故ソルリさんのドキュメンタリー番組、MBCが制作へ
  • 「全文] 大韓歌手協会、故ソルリさんと故ク・ハラさんの悲報に怒り…“ポータルサイト書き込みサービス中断を強く願う”
  • 2020.09.11

    blank