25歳、故ソルリさんの死めぐる誤解と真実...10日にドキュメンタリー放送

25歳、短いが強烈だった故ソルリさん。ソルリさんが私たちの社会に投げかけたメッセージと隠された真実を、MBC「ドキュメンタリーフレックス」で初公開する。
10日、「ドキュメンタリーフレックス」は 「ソルリがなぜ不快だったんですか?」編が放送される。

ソルリさんは、2005年に12歳という若い年齢で子役としてデビューした。2009年には大衆の大きな関心の中でガールズグループf(x)のメンバーとして歌手活動を開始した。彼女はいつも問題の中心に立っていた。彼女を取り巻く多くの誤解とその裏に隠された真実。偏見に満ち視線に対抗しながら、絶えず自分自身を表現しようとしてチェ・ジンリさん。極端な賛辞と非難を浴びた彼女の生涯が、「ドキュメンタリーフレックス」で公開される。

◆チェ・ジンリ、ソルリになる
ソルリさんは、困難な家庭環境のために幼稚園の代わりに演技学院に通った。経済的な困難から放棄しようとした直前に、SBS「薯童謠(ソドンヨ)」の子役主演に抜擢される。ドラマを演出したイ・ビョンフン監督はソルリさんに対して「非常によくやった。堂々として、明るい。顔が王女のように華やかだった」と記憶している。

(2ページに続く)

・クォン・ミナ(元AOA)、故ソルリさんを懐かしむ…“ジンリ、会いたい”

・故ソルリさんのドキュメンタリー番組、MBCが制作へ

・ラッパーVINXEN、故ジョンヒョンさん・故ソルリさん言及を改めて謝罪「傷つけて申し訳ない…無責任だった」

・ヒチョル(SJ)、“故ソルリとク・ハラ”言及した記者に不快感「故人を武器に…おぞましい」

2020.09.09

blank