キム・ヒソン&チュウォンの強烈な再会エンディング…最高視聴率11.2%で大ヒットの予感「アリス」

「アリス」でキム・ヒソンとチュウォンが再会した。一瞬も目を離す暇がないほどに波打っている。
29日に放送されたSBS金土ドラマ「アリス」2話では、パク・ジンギョム(チュウォン)が2020年の時間旅行者の存在に気づいた。またエンディングでは、死んだ母パク・ソニョン(キム・ヒソン)とそっくりなユン・テイ(キム・ヒソン)と向き合った。

どよめくような展開から強烈なエンディングまで、目を離すことができないドラマの真髄を見せた。これに視聴率も答えた。ニールセンコリア首都圏基準10.2%(2部)を記録して2桁を突破し、同時間帯の全チャンネルで1位、土曜のミニシリーズ1位を獲得した。最高視聴率はなんと11.2%まで上昇した。2049視聴率も4.6%と、垂直で上昇した。

(2ページに続く)

・キム・ヒソン、愛蔵品オークション…チュウォンに夫まで登場「チプサブイルチェ」

・≪韓国ドラマNOW≫「アリス」2話、チュウォンがキム・ヒソンに再び出会い切ない抱擁

・チュウォンの理由ある慎重な復帰…50編中からpick「アリス」

・ドラマ「アリス」、初回から6.1%の好調発進に成功…キム・ヒソンとチュウォンが描く“時間旅行ヒューマンSF”

2020.08.30

blank