チュウォンの理由ある慎重な復帰…50編中からpick「アリス」


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。
俳優チュウォンが、軍服務を終えて3年ぶりに「アリス」で戻ってきた。ラブコメではなくSFジャンルで復帰した中、これまでの空白を感じさせない相変わらずの演技力を見せた。
28日に初放送されたSBS新金土ドラマ「アリス」は、死んだ母親に似た女性と、感情を失った男性の魔法のような時間旅行を描いたヒューマンSFだ。
初めて会うキム・ヒソンとチュウォンが主演にキャスティングされて下半期の期待作に浮上した「アリス」は、チュウォンが軍除隊後3年ぶりの復帰作に選択して関心が注がれた。

2017年5月に入隊したチュウォンは、カンウォンド(江原道)チョロン(鉄原)のペッコル(白骨)新兵教育隊で助教として服務し、2019年2月5日に国防の義務を終えて除隊した。軍隊の空白期を考慮し、除隊と同時にできるだけ早く復帰する俳優に比べると、除隊後も1年6ヶ月という期間があった。
チュウォンが除隊した時期に約50本程のドラマや映画出演のラブコールが入っており、その中で「アリス」を選択したと伝えられた。演出を引き受けたペク・スチャンPDは「たいへん光栄だと思う」と感謝した。

ミュージカル舞台で実力を積み、2010年にKBS2「製パン王キム・タック」でTVドラマに顔を見せたチュウォンは、「烏鵲橋の兄弟たち」(2011)、「カクシタル」(2012年)、「7級公務員」(2013)、「グッドドクター」(2013)、「ヨンパリ」(2015)、「猟奇的な彼女」(2017)まで、まさに破竹の勢いだった。キム・テヒと共演した「ヨンパリ」は最高視聴率21.5%を記録して、その年のSBS「演技大賞」で大賞を受賞した。

(2ページに続く)

・ドラマ「アリス」、初回から6.1%の好調発進に成功…キム・ヒソンとチュウォンが描く“時間旅行ヒューマンSF”

・≪韓国ドラマNOW≫「アリス」1話、チュウォンが亡くなったタイムトラベラーの母親に再会し衝撃

・キム・ヒソン&チュウォン、一緒にいるだけで輝く…このケミ賛成!!

・チュウォン、除隊後初の復帰作「アリス」の初回放送に感無量…「久しぶりに出演作を見る」

2020.08.29

blank