≪韓国ドラマNOW≫「アリス」1話、チュウォンが亡くなったタイムトラベラーの母親に再会し衝撃

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

28日午後に初放送されたSBSの新金土ドラマ「アリス」第1話でユン・テイ(キム・ヒソン)は「私たちはタイムトラベラーだ。2050年、私たちアリスはついに時間旅行に成功した。死に別れた人に再び逢えるというときめき。過去に戻って再び新たに生きることができるという期待、時間と時間、世界と世界が続いて、人々は豊かになった。その本が明るみになる前までは」と話した。

さらに、彼女は「時間旅行の悲劇的な結末が書かれているという噂が流れ、人々はその本を予言書と呼んだ。時間旅行を維持するためには必ずその不吉な本を探さなければならない。それで私は1992年に到着した。その本を探すために」とし、パートナーであり恋人のユ・ミンヒョク(クヮク・シヤン)と予言書を見つけた。

ところが、彼女ら以外にまた他の人々も予言書を捜そうと努めている。これを持っていたチャン・ドンシク博士(チャン・ヒョンソン)は結局、何者かに殺害され、その娘も殺害の危機に直面した。この時、ユン・テイが怪漢に対処し、目の前で父の死を見たチャン・ドンシクの娘はショック状態に陥った。しかし、彼女の手に予言書の一部があるというのは誰も知らなかった。

(2ページに続く)

・キム・ヒソン&チュウォン、一緒にいるだけで輝く…このケミ賛成!!

・チュウォン、除隊後初の復帰作「アリス」の初回放送に感無量…「久しぶりに出演作を見る」

・チュウォン、今夜(28日)ドラマ「アリス」がついにベールを脱ぐ…“信じて見る俳優”らしい繊細な演技に注目

・チュウォン、キャラクターの心理を映し出す眼差し…新ドラマ「アリス」への期待高まる

2020.08.29

blank