ドラマ「アリス」、初回から6.1%の好調発進に成功…キム・ヒソンとチュウォンが描く“時間旅行ヒューマンSF”

ドラマ「アリス」、初回から6.1%の好調発進に成功…キム・ヒソンとチュウォンが描く“時間旅行ヒューマンSF”

※一部にあらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

ドラマ「アリス」が初回から大当たりした。

今月28日午後に韓国で初回放送されたSBS新金土ドラマ「アリス」(脚本:キム・ギュウォン、カン・チョルギュ、キム・ガヨン/演出:ペク・スチャン)は、第1話が4.1%、第2話が6.1%(ニールセンコリア調べ、韓国全国基準)を記録した。これは前作の「コンビニのセッピョル」の初回6.3%とほぼ等しい数値だ。

「アリス」は死んだ母に似た女性、感情を失ってしまった男の魔法のような時間旅行を描いたヒューマンSFドラマだ。

この日の放送は時間旅行が可能になった2050年を背景に始まった。2050年の恋人同士のユン・テイ(キム・ヒソン)とユン・ミニョク(クァク・シヤン)は、時間旅行を脅かす予言書を探すために1992年に訪れた。そのように2人は予言書がある場所に向かい、そこで正体不明の男と激戦を繰り広げた。彼女たちは1枚敗れた予言書を手に入れたものの、1人の女の子は父親の死を目撃してしまった。

2人は任務を遂行し未来に戻ろうとしたが、ユン・テイのお腹の中に子どもがいることを知った。2050年に行くために、再び放射能に覆われたワームホールを通ることになれば、ユン・テイのお腹の中の子どもに想像すらできない危険が迫る状況だ。結局ユン・テイは恋人であるユン・ミニョクから離れ1人で1992年に残った。彼女は母親になることを選び、1992年に1人で息子のパク・ジンギョム(チュウォン)を産んだ。

しかしパク・ジンギョムは他の子どもたちとは違った。自分の感情はもちろん、他人の感情も理解することができない生まれつきの無感情症であるのだ。パク・ソニョンという名前で人生を始めたユン・テイ(キム・ヒソンの1人2役)は息子のパク・ジンギョムをそばでしっかりと守り抜いた。そんな中、パク・ジンギョムが女子高生の自殺事件に巻き込まれた。今回もパク・ソニョンは必至の努力で息子の汚名を晴らした。母の変わらない努力に、パク・ジンギョムも徐々に変わっていった。

(2ページに続く)

2020.08.29

blank