BTS(防弾少年団)、K-POPレーダー史上最高記録で週間チャート1位

グループBTS(防弾少年団)が、K-POPレーダー史上最高記録で週間チャートの1位に上がった。
BTSの新曲「Dynamite」のミュージックビデオは、K-POPレーダー2020年34週目(8月16日〜8月22日)のグラフで最高の再生回数である1億2225万回を記録してトップを占めた。

K-POPレーダーでの以前の最高成績は、27週間目のチャートでBLACKPINKの「How You Like That」が1週間で記録した1億2124万回だ。こうしてBTSはこれまでの記録を塗り替えて、1週間の集計期間中わずか35時間で1億2225万回を記録してK-POPレーダーの最高記録を更新した。
BTSは21日にカムバックした後、新しい記録を書き続けている。K-POPレーダーによると、「Dynamite」のミュージックビデオは、公開から約20分で再生回数1000万回、8時間で5000万回を突破し、世界最短記録を達成した。爆発的な上昇はずっと続いて24時間で1億110万回を記録し、全世界で最短1億回突破も成功した。

(2ページに続く)

・【公式】「BTS(防弾少年団)」、「Dynamite」MV4日で2億回再生突破…世界最短・最多

・「BTS(防弾少年団)」の新曲「Dynamite」、全世界のヒーリングソングに…海外メディアからも好評

・「BTS(防弾少年団)」、新曲「Dynamite」米国ビルボード「ポップソング」ラジオチャート30位入り…歴代最高

・BTS(防弾少年団)「Dynamite」、世界の「ヒーリングソング」に…外信の好評続く

2020.08.26

blank