「EXO」ベクヒョン、“予約注文だけ73万枚+音源席巻”すでに完成されたソロアーティスト

グループ「EXO」のベクヒョンが、ソロのニューアルバム「Delight」で今一度ソロアーティストとしての位置をしっかり固めた。 ベクヒョンは25日、セカンドミニアルバム「Delight」をリリースしました。 以後、リード曲「Candy」は、発売直後Melon、genieなどの韓国の主な音源チャート1位を席巻し、以後にも上位圏にランクされている。

「Candy」はベクヒョンが持った魅力を、さまざまな味のキャンディに比喩したウィットあるR&Bナンバーだ。 ベクヒョンのソフトなヴォイスカラーとマッチしてキャッチーな曲が完成された。 ベクヒョンの魅力は韓国だけでなく全世界も魅了した。 アメリカ、日本、フランス、インドネシアをはじめ、全世界68の地域でiTunesの“トップアルバム”チャートの1位になった。 新型コロナウイルス感染症の余波で特別なプロモーションもオフラインスケジュールも不可能な状況だが、それでも発売と同時にソロアーティストとしての力量を認められた。

(2ページに続く)

・EXOベクヒョンの新譜 68か国・地域のiTunesで1位

・BAEK HYUN(EXO)、中国QQミュージックアルバム販売額200万元を突破=韓国アーティスト初の”ダブルプラチナム

・BAEK HYUN(EXO)、新曲「Candy」で音源+アルバムチャート1位を独占

・BAEK HYUN(EXO)、ソロ新曲「Candy」がリリース当日に1位獲得しファンに感謝のコメント「幸せです」

2020.05.27

blank