チャン・グンソク実母の裁判空転...裁判所「遅延」を指摘

数10億台の収入申告を欠落させて脱税した疑いで起訴された俳優チャン・グンソクさんの母親の最初の裁判が空転した。
チャン氏の母親側の弁護人は、「記録量が膨大で十分な検討がなされなかった」と述べ、裁判所は「事件が受理されてから2ヶ月も経ったにもかかわらず、容疑に対する意見を明らかにできないのは理解できない」と指摘した。

ソウル中央地裁所は26日、特定の犯罪加重処罰などに関する法律違反(租税)などの容疑で起訴されたチャン氏の母親チョン某氏の初公判期日を開いた。
チョン氏は、チャン氏が海外活動を通じて得た収益を香港の口座を介して引出すという方式で数10億台の収入申告を欠落させて脱税した疑いを受けている。両罰規定によりチョン氏が代表である「(株)Tree J company」も租税犯処罰法違反の容疑で起訴された。

(2ページに続く)

チャン・グンソク、29日招集解除…新型コロナの中で静かに服務終了

・【情報】チャン・グンソクや超新星などイベントMCのYumi、「Yumiの使える?!ワンフレーズハングル講座」を5/17(日)スタート

・【全文】チャン・グンソクのファンクラブ、実母の脱税疑惑に関するチャン・グンソクへの悪質な書き込みに対して「法的対応を取る」

俳優チャン・グンソク実母、海外で脱税…在宅起訴=関係者が謝罪

2020.05.26

blank